Help us understand the problem. What is going on with this article?

サーバーからのメールをslackへ投稿する

More than 1 year has passed since last update.

はじめに

slackいいですよね。最近はメールとかで送っていた物もSlack通知を多用するようになってきました。
今まで処理終了時やアラートをGmailに送信していたのですが、利便性のためにSlack投稿に変更した際の手順について説明したいと思います。

手順としては大きく二つ、Incoming WebHooksの登録と、perlスクリプトの作成になります。
perlスクリプトは本当はシェルスクリプトかpython辺りでやりたかったのですが、時間が足りなかったので(言い訳)

Incoming WebHooksの登録

slackにログインします。
名前をクリックして「Apps & integrations」を選択します。
1.png

下記のような画面が出てきますが、Incoming WebHooksを検索すると楽です。
2.png

そうすると下記のような画面になりますのでAdd Configurationをクリックします。
3.png

次の画面では投稿先のチャンネルを選択してAdd Incoming WebHooks integrationをクリックします。
投稿先のチャンネルはスクリプトで変更できるので#generalでいいと思います。
4.png

最後の画面ではWebhook URLを控えます。
このURLはスクリプト内に転記して使用します。
5.png

サーバ・バージョン情報

  • CentOS Linux release 7.3.1611 (Core)
  • postfix-2.10.1-6.el7.x86_64

サーバ側事前準備

必要なperlのパッケージをインストールしておきます。

sudo yum install -y perl-Email-MIME perl-JSON

スクリプトの作成

今回はわかりやすさのために/usr/local/bin/mail2slackとして保存しています。

/usr/local/bin/mail2slack
#!/usr/bin/perl

use strict;
use warnings;
use utf8;
use JSON;
use Email::MIME;

$ENV{'PATH'} = '/bin:/usr/bin';
delete @ENV{'IFS', 'CDPATH', 'ENV', 'BASH_ENV'};

my $curl     = '/usr/bin/curl -s --data-urlencode';
# 控えておいたWebhook URLを設定してください
my $hook_url = 'https://hooks.slack.com/services/hogehoge/foobar';
# 投稿先のチャンネルを設定してください
my $channel  = '#general',
# 投稿時の名前を設定してください
my $username = 'mail2Slack bot',
# アイコンを設定してください
my $icon_emoji  = ':house:',

my $raw_mail = join '', <STDIN>;

my $mail = &parse_mail($raw_mail);
my %json= (
  'username'    => "$username",
  'icon_emoji'    => "$icon_emoji",
  'channel' => "$channel",
  'attachments' => [
    {
      "pretext" => "「$$mail{from}」からメールが届きました。",
      "title"   => "$$mail{subj}",
      "text"    => "$$mail{body}"
    }
  ]
);

my $payload = &escape_html( 'payload=' . encode_json( \%json ) );

my $cmd=$curl . " '" . $payload . "' " . $hook_url;

system( "$cmd" );

exit;

sub parse_mail {
  my ($raw_mail) = @_;
  my $parsed_mail = Email::MIME->new($raw_mail);
  my %hash = (
    "rcpt" => scalar($parsed_mail->header('Delivered-To')),
    "from" => scalar($parsed_mail->header('From')),
    "subj" => scalar($parsed_mail->header('Subject')),
    "body" => $parsed_mail->body_str
  );
  $hash{body} =~ s/\r\n?|\n\r?/\n/g;
  return(\%hash);
}

sub escape_html {
  my ($str) = @_;
  $str =~ s/&/&amp;/g;
  $str =~ s/</&lt;/g;
  $str =~ s/>/&gt;/g;
  $str =~ s/'/&#39;/g;
  return $str;
}

メールを受信したらコマンド実行されるようにする

末尾に追記します。今回はroot宛のメールをSlackに投稿しています。

/etc/aliases
root: "| /usr/local/bin/mail2slack"

結果

私はサーバーにsshログインがあった時にメールを飛ばすように設定しているので、サーバーにログインされるたびに下記のような投稿がされるようになりました。
6.png

おわりに

駆け足で説明してしまいましたが、サーバのrootユーザに送られるメールがslackに投稿されるようになりました。
yum-cronなどはrootに結果を送ってたりして、結構メールが飛んでうざいのでslackに投稿するようになってからはメールが減って快眠出来そうです。

 

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away