Edited at

スマホアプリの画面設計には MetaMoJi Note がオススメ!

More than 5 years have passed since last update.

スマホアプリ開発で画面設計をしたいときにMetaMoJi Noteを使ったら、非常に良かったので紹介します。


MetaMoJi Note とは

手書きノートアプリケーションです。

http://product.metamoji.com/ja/anytime/

通勤時間に電車の椅子に座って、

これで画面設計をガリガリ書いてます。


メリット


手軽に書けて、部分選択で微調整が可能。

紙のノートに設計すると、デザインを微調整したい場合、

細かいところを消しゴムで消して、再度書きなおしての繰り返しだと思いますが、

metamoji noteだと、調整したい部分を範囲選択で選んで、直すだけなので、手間になりません。


テンプレートを予め作っておくと、簡単に画面作成ができる。

自分はiPhone5sの画面サイズの縦横比を元に枠線を定義したA3サイズのテンプレートを使って、設計してます。


(例)テンプレート用紙

画面定義書_template.jpeg

上記のテンプレート用紙を作成して、下記のような画面設計を行ってます。


画面設計図(仮)

画面定義書.jpeg


PDFや画像ファイルに変換可能で、クラウドサービスに連携できるので、データを簡単にシェアできる。

できた設計書は画像に変換して、クラウドサービス(Dropbox, Google Drive等)に連携できます。

自分はチームメンバーにこの方法でデータをシェアしてます。

ページ毎に画像変換ができるので、モックアプリ(POP 等)と連携して使い勝手を即座にテストするということも可能です。


デメリット


有料アプリ

有料アプリで800円しますが、これだけ便利に設計できるノートアプリはなかなか無いので、オススメです。


ついでに宣伝

上記で画面設計をしたiPhoneアプリを先日、リリースしました。

英単語をサクッと覚えたい方はぜひ使ってみてください。

秒速英単語 - 1秒1問・短期間で覚える英単語帳アプリ

以上です。