Edited at

Struts2の独自intercepterにてエラーメッセージを格納する。

More than 5 years have passed since last update.

Struts2にてエラーメッセージを使用するときはActionSupportのaddActionErrorを使用することが多いと思いますが、

独自に定義するintercepter内ではActionSupportを継承していないので、そのまま使えません。

なので、下記のようにActionInvocationからActionSupportを呼び出して、利用しましょう。

独自のintercepter

public String intercept(ActionInvocation invocation) throws Exception {

try {

// ここに処理を書きます。

} catch (Exception e) {

ActionSupport action = (ActionSupport) invocation.getAction();
action.addActionError(action.getText("ここにエラーメッセージを入れます。"));

// エラー画面に遷移する。
// struts.xmlにエラー先を定義されているものとする。
return "error";
}

return invocation.invoke();
}

以上です。