ATOK使いもMacでシュッとバックスラッシュを打ちたい Karabiner-Elements 編

More than 1 year has passed since last update.

以前、 「ATOK使いもMacでシュッとバックスラッシュを打ちたい」というエントリを書きました。

これは ~/Library/KeyBindings/DefaultKeyBinding.dict にキーバインディングを書く、という方法でしたが、この方法は PhpStorm をはじめとする JetBrains の IDE では使えない方法でした。

そんなエントリを書いた直後に @tanakahisateru さんから JetBrains の IDE でも使える方法を教えてもらって、それをずっと使ってた訳です。

IntelliJとかJVMのIDE使いでもKarabinerなしでバックスラッシュを片手入力したい

この方法は、 Hammerspoon というソフトウェアを導入して実現する方法でした。

これが2017年2月。

その後、時が流れ、先日 @kunit さんによる「JIS配列のMacで、バックスラッシュをさくっと入力する方法(JetBrainsのIDE対応) 」がポストされ、Karabiner-Elements 単体で \ がシュッっと入力できる様になりました。

なのですが!僕は古いWindows使いなので _ のキーを Shift なしで押した時にも \ を入力したい!!

良く見ると設定ファイルで実現できそうだったので、少し足してみました。

設定ファイルの編集までの手順は @kunit さんの記事をご覧ください。


~/.config/karabiner/karabiner.json

(略)

"to": [
{
"key_code": "international3"
}
],
"type": "basic"
}
]
},
{
"description": "Change underscore to backslash",
"manipulators": [
{
"from": {
"key_code": "international1"
},
"to": [
{
"key_code": "international3",
"modifiers": [
"option"
]
}
],
"type": "basic"
}
]
}
]
},
"devices": [],
"fn_function_keys": [
(略)

_のキーは international1 だということが Karabiner-Elements 附属の Karabiner-EventViewer でわかったので見よう見まねで設定しただけです。

ハッピーハッキング!!