Edited at

Ubuntuで「アイドルが続いてもロック画面にしない様にする」をChefで設定する

More than 5 years have passed since last update.

Ubuntu 14.04はデフォルトでは以下の状態になっています。


  • アイドルが続くと画面がオフになる

  • 画面がオフになっている状態でキーボードやマウスを触ると画面が復帰しロック画面を表示

  • ログイン中のユーザのパスワードを入力するともとの画面に戻る

VMやセキュリティの不要なマシンの場合この動作は面倒臭いのでロック画面にしない様に設定したくなります。

これをGUIで設定する場合、「システム設定」→「画面の明るさとロック」を開いて「ロックする」と「サスペンドからの復帰時にパスワードを要求する」をオフにすればOKです。

でも…Chefで設定するためにはシェル経由で設定したいですよね。

そんな時は以下の様にします。


shell-session

# sudo -u 'ユーザ名' -H dbus-launch gsettings set org.gnome.desktop.screensaver lock-enabled false

# sudo -u 'ユーザ名' -H dbus-launch gsettings set org.gnome.desktop.screensaver ubuntu-lock-on-suspend false

ChefのRecipeだとこんな感じになります。


ruby

bash "disable lock screen" do

user "root"
code 'sudo -u "ユーザ名" -H dbus-launch gsettings set org.gnome.desktop.screensaver lock-enabled false'
action :run
end
bash "disable password" do
user "root"
code 'sudo -u "ユーザ名" -H dbus-launch gsettings set org.gnome.desktop.screensaver ubuntu-lock-on-suspend false'
action :run
end

ただ、以下の難点があります。


  • ユーザがログインしていると反映される様に見えて反映されない様です。(「システム設定」→「画面の明るさとロック」の見た目上は反映されるがその動作をしない。)

  • ユーザごとに設定する必要あり。

このイヤーな感じを解消できる方法ご存じの方教えてクダサイ!!