Help us understand the problem. What is going on with this article?

新しいprojectに参画した時の現状把握tips

More than 1 year has passed since last update.

新しくチームに入った時

新しい職場やプロジェクトに入った時、まずは現状コードを把握することから始めると思いますが、その時のコツをちょろっと学んだのでメモ。

ルーティングの動きを見る

どのURLが叩かれると、どのメソッドが動き出すのかを見ることで、サービスの全体像を把握することができる。

E-R図などをみて、DB把握

DB設計を見渡せるのと、ハブになっているテーブルを把握することで、どこのテーブルが重要度が高いのか優先度をつけることができる

メソッドの中に出力メソッドを書いて、実行順番を把握

UI側では一回ボタンを押しただけですが、裏ではメソッドがめちゃくちゃ走っていることがよくあります。
その時にローカルサーバーを見てもよくわからないです。特にそのメソッドを改修しなければならない時とか、パラメーターとして送られてきたデータがどのように処理されるのかを追わなければならない時がよくあります。その時によく使います。

Ruby.rb
def methodA
  p "methodA"

end

def methodB
  p "methodB"

end

def methodC
  p "methodC"

end 

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away