PHP
Apache
mariadb
centos7
Moodle

moodleのインストールと設定

今回はMoodleをインストールして設定します。

前回同様の環境です。
〜さくらのVPS 1Gプラン〜
メモリ:1G
CPU:仮想2Core
ストレージ:HDD 100GB
OS:CentOS 7(カスタムOS)

仮として、アカウント名はrootもしくはabc123、ドメインはabc.comとします。

はじめに

Terminalでログインできていること、専用のデータベース、インストールしたいディレクトリの用意と参照設定ができていることを前提とする。

[root@abc ~]# 

1.インストールしたいディレクトリに移動する

次のコマンドを実行し、インストールしたいディレクトリに移動する。
今回インストールするディレクトリは/var/www/html/moodleとする。

[root@abc ~]# cd /var/www/html/moodle

2.moodleファイルをダウンロードする

Moodleの公式のダウンロードサイト(https://download.moodle.org/releases/latest/)にアクセスし、最新版を確認する。
今回は、3.5.1を利用する。
次のコマンドを実行し、Moodleのファイルをダウンロードする。

[root@abc moodle]# wget https://download.moodle.org/download.php/stable35/moodle-3.5.1.zip
--2018-07-25 13:42:11--  https://download.moodle.org/download.php/stable35/moodle-3.5.1.zip
download.moodle.org (download.moodle.org) をDNSに問いあわせています... 2606:4700:10::6814:db19, 2606:4700:10::6814:da19, 104.20.218.25, ...
download.moodle.org (download.moodle.org)|2606:4700:10::6814:db19|:443 に接続しています... 接続しました。
HTTP による接続要求を送信しました、応答を待っています... 200 OK
長さ: 特定できません [text/html]
`moodle-3.5.1.zip' に保存中

    [ <=>                                   ] 35,736      --.-K/s 時間 0.02s   

2018-07-25 13:42:12 (1.95 MB/s) - `moodle-3.5.1.zip' へ保存終了 [35736]

3.ファイルを解凍する

次のコマンドを実行し、ダウンロードしたファイルを解凍する。

[root@abc moodle]# unzip moodle-3.5.1.zip
〜省略〜

  inflating: moodle/lib/yuilib/3.17.2/app-transitions-css/app-transitions-css-min.css  
  inflating: moodle/lib/yuilib/3.17.2/app-transitions-css/app-transitions-css.css  
  inflating: moodle/lib/yuilib/3.17.2/app-transitions-native/app-transitions-native-debug.js  
  inflating: moodle/lib/yuilib/3.17.2/app-transitions-native/app-transitions-native-min.js  
  inflating: moodle/lib/yuilib/3.17.2/app-transitions-native/app-transitions-native.js  
  inflating: moodle/lib/yuilib/3.17.2/array-extras/array-extras-debug.js  
  inflating: moodle/lib/yuilib/3.17.2/array-extras/array-extras-min.js  
  inflating: moodle/lib/yuilib/3.17.2/array-extras/array-extras.js

〜省略〜

  inflating: moodle/webservice/xmlrpc/tests/fixtures/fault_response.xml  
  inflating: moodle/webservice/xmlrpc/tests/fixtures/value_response.xml  
  inflating: moodle/webservice/xmlrpc/tests/lib_test.php  
  inflating: moodle/webservice/xmlrpc/tests/locallib_test.php  
  inflating: moodle/webservice/xmlrpc/tests/xmlrpc_server_test.php  
  inflating: moodle/webservice/xmlrpc/version.php
[root@abc moodle]#

4.ファイルの整理とパーミッションを設定する

次のコマンドを実行し、解凍したフォルダ(moodle-3.5.1)内の全ファイルを/var/www/html/moodleディレクトリに移動する。

[root@abc moodle]# mv moodle-3.5.1/* .

次のコマンドを実行し、不要になった"moodle-3.5.1"フォルダと"moodle-3.5.1.zip"ファイルを削除する。

[root@abc moodle]# rm -rf moodle-3.5.1
[root@abc moodle]# rm -rf moodle-3.5.1.zip

続いて次のコマンドを実行し、ファイルのパーミッションを変更する。

[root@abc moodle]# chmod -R 775 /var/www/html/moodle

さらに次のコマンドを実行し、データディレクトリの作成とパーミッションを変更をする。

[root@abc moodle]# mkdir /var/www/html/moodle_files
[root@abc moodle]# chmod -R 777 /var/www/html/moodle_files

5.初期設定をする

インストールしたURLにアクセスすると、次のようなページが表示される。
image.png

Languageから"日本語 (ja)"を選択し、"次へ"をクリックする。
image.png

下までスクロールする。
image.png

ウェブアドレスとMoodleディレクトリが合っていることを確認する。
image.png

データディレクトリを上の4章の最後に作成したディレクトリのフルパスを入力し、"次へ"をクリックする。
image.png

データベースドライバを選択する。
image.png

今回は"MariaDB (native/mariadb)"を選択し、"次へ"をクリックする。
image.png

下までスクロールする。
image.png

作成したデータベース名、データベースユーザ、データベースパスワードを入力する。
データベースポートとUnixソケットは空欄のまま"次へ"をクリックする。
image.png

画面をよく読み、"続ける"をクリックする。
image.png

サーバチェックを確認し、スクロールする。
image.png

"あなたのサーバ環境は最小限の必要条件すべてに合致します。"と表示されていることを確認し、"続ける"をクリックする。
image.png

インストールが開始されるので、ひたすら待つ。
image.png

インストールが完了すると自動的に最下までスクロールされるので"続ける"をクリックする。
image.png

次に、サイト管理者(admin)の設定をする。
image.png

ユーザ名、新しいパスワード、姓、名、メールアドレスを入力し、最下までスクロールする。
image.png

"プロファイルを更新する"をクリックする。
image.png

長いサイト名、サイト省略名 (例 単語)を入力する。
image.png

デフォルトタイムゾーンが"アジア/東京"になっていることを確認し、最下までスクロールする。
image.png

"変更を保存する"をクリックする。
image.png

下のページが表示されたら初期設定は完了。あとはご自由にカスタマイズして
image.png