Vim
Windows
SSH
ATOM

Windows環境でAtomからPowerShellを使って、SSH接続とCUIエディタを使う

More than 1 year has passed since last update.

はじめに

AtomIDEなんてものも出たみたいだけれどもまだ対応言語少ないし,
Tera-termを使って開発をしていたけどいちいちウインドウを切り替えるのも面倒くさいなとふと思いWin10のPowerShellからSSH接続とVimを使えるようにしてみた.
自分はローカルのlinux PCにこれで接続してsambaを使いwindowsのネットワークドライブを割り当てて開発してる.

参考にしたページ

Vim + PowerShell - 飲んだくれの記
Windows 10 : OpenSSH インストール : Server World
Customizing your PowerShell Profile

1. OpenSSH-win64 と vim を入れる

OpenSSH-win64

OpenSSH-win64はgithubからダウンロードできます.
これをC:\Program Files\あたりに解凍してOpenSSH-win64フォルダにpathを通しておく.

そしたらWindows PowerShellを管理者権限で起動して, 以下のコマンドを実行

WindowsPowerShell
PS C:\Windows\system32> Set-ExecutionPolicy Unrestricted

PS C:\Windows\system32> cd "C:\Program Files\OpenSSH-Win64"

PS C:\Program Files\OpenSSH-Win64> .\install-sshd.ps1

PS C:\Windows\system32> Set-ExecutionPolicy Restricted

後は必要に応じてファイアーウォールでポート空けてあげれば終わり.

無題.jpg

サービス一覧からsshdのスタートアップを自動にすればシステムと一緒に立ち上がる.(危ない気しかしないけど)
ps1.jpg

Vim

次にCUIエディタがPowerShellだと使えないようなので, Vimも適当なところに解凍(私はC:\tools\にいれた).
こっちもPathを通して vi と view が使えるようにProfileにエイリアスを登録する.

2. PowerShellのProfileにaliasとfunctionを登録する.

初めにPowerShellでTest-Path $profileを実行.
Profileが既に存在すればTrueが返ってくると思うが今回はFalseが返ってきているので,
New-Item -path $profile -type file –forceを実行してProfileを生成.
生成先のディレクトリが表示されるのでそこにあるMicrosoft.PowerShell_profile.ps1をテキストエディタなりvimなりで編集する.
ps2.jpg

以下私の設定を載せておく.

Microsoft.PowerShell_profile.ps1
set-location C:\   <= ルートディレクトリの設定

New-Alias vi C:\tools\vim80-kaoriya-win64\vim.exe   <= viのalias登録
New-Alias vim C:\tools\vim80-kaoriya-win64\vim.exe
function view() {C:\tools\vim80-kaoriya-win64\vim.exe -R $args} <=viewのalias登録

function ssh-linux { ssh user@hostaddress }  <=ssh接続のfunction設定

3. Atomのplatformio-atom-ide-terminalから接続

あとはAtomにplatformio-atom-ide-terminalをいれて先ほど設定したfunction名を打ち込めば接続できます.
ssh-keygen.exeで鍵作成すれば鍵認証もできるので私は便利だと思います.

ps3.jpg

オツカレサマデシタ.