Help us understand the problem. What is going on with this article?

WEB系エンジニアがネット上で活動するために最初にやったこと

More than 1 year has passed since last update.

はじめに

エンジニア、特にウェブ系の方はネット上での活動がさかんだと思うのですが、自分は仕事以外では全くといっていいほど何もしてませんでした。
いろんなツールなども、聞いたことはあったり、仕事で触ったことはあったりしても、アンテナを張りまくってたわけではなかったので、知らないものも多く…。
フリーランスになったことでもあるし、積極的にやっていこうと思ったのがきっかけです。自分のような初心者向けの方の記事です。

アカウントの取得

メールアドレスの作成

まず、オースドックスに Gmail を作成。
元々メールアドレスはたくさんあったのですが、開発用アカウントとして新規に一つ取得しました。

SNS 系のアカウント作成

Twitter
GitHub
Qiita
のアカウントを作りました。この3つが王道だろうと。(他のものに詳しくないだけかもしれません)

Facebook や Wantedly は本名でのアカウントが別にあるのでそちらに任せ、このアカウントはそれとは別に気楽にやるようにということで。

Git 環境

Bitbucket

一人でやるなら Git いらないやん? って話もあるかと思いますが、バックアップにもなりますし、PC複数台あるので Git あると何かと便利。
GitHub は無料だと public になってしまうのでそれはそれとして、自分の private 管理用に BitBucket のアカウントも作成しました。

ホームページの作成

http://tomalatte.com/ を作成した流れ。

レンタルサーバ

XDomain
サーバは、スモールスタートということでまずは無料レンタルサーバでXDomainを使わせていただきました。
静的HTMLの公開だと広告が出ないのがいいなというのと、WordPress が使えるサーバもあったのでこちらにしました。

ドメインの取得

ムームードメイン
XDomain でレンタルサーバ借りるなら、ドメインもそこで! としてもよかったのですが、昔使ってたのがムームードメインだったので、そこでドメイン取得しました。

静的HTMLファイルの作成

Rails で作成した画面を静的に出力する
の記事に書いた方法で、静的ファイルを作成しました。

自分のサイト作るくらいだと動的な動きはいらなかったので、静的に出力したファイルだけで運用することに。

ブログの作成

http://blog.tomalatte.com/ を Wordpress で作成しました。

ブログといえば Wordpress! というものの自分で導入したことはなかったので初体験。
XDomain の「WordPress 機能」だとサブドメインが使えなかったので、「PHP・MySQLサーバー機能」の方に載せました。

Cloudflare の導入

Cloudflare
これは有名そうですが、自分は無知だったため全然知りませんでした。
「無料のレンタルサーバだと画像とか重いなぁ。無料のCDNとかないかなぁ。」と思ってググったら出てきたやつです。
海外のサービスになりますが、コンテンツをキャッシュしてくれるので、かなり嬉しいです。

Google 系ツールの導入

Google Analytics
Search Console
Analytics はアクセス解析、Search Console はGoogle 検索を最適化するためのツールという感じでしょうか。
多くのサイトに入ってるものですし、入れておいて損ないかなと。

というわけで完成!

各種アカウント、ホームページ、ブログまで完成しました!
思ったよりやることたくさんありました!

今のところお金使ってるのはドメイン取得のみです。
根気強く活動続けられて、アクセスを集められたりすれば、サーバもVPS?専用サーバ?AWS?とかに移行していくかと思います。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした