iPhone
iOS
apple
WWDC

WWDC2018で発表されたiOS12の機能をまとめてみる

WWDC2018の発表で思ったこと

今年のWWDCでハードウェアの発表があるかと思ったらなんと残念、
新しいハードウェアの発表はありませんでした。
できれば新型のMacBookProが登場して欲しかったです。
今のマイマシンはAirですが、メモリが4Gしかありませんので事あるごとにマシンが固まってしまって
億劫になってしまいます。

ARKit2

今年のWWDCではARKitがパワーアップして二人以上いれば「体験の共有」ができるようになりました。
そのプレゼンがまたシュールでおじさん2人がそれぞれiPadを操作して画面上でレゴを操作していました。
この時の会場の雰囲気ってとてもシュールな気がしますね。
まあ、でもUnityと合わせてAPIを最大限まで活用すれば面白いアプリはできそうではないかな。
個人的には写真アプリが充実してきそう。
3Dカメラも作れるようになってきてるしね。
そろそろARKitでなんかアプリ作ってみたいなw。

ARKit2のメジャーな機能について

  • Persistent AR Experiences(1)
  • Shared AR Experiences(2)
  • Object Detection and Tracking(3)

1.はARで仮想おもちゃを仮想で放置しても、その状態を保存して次回は同じ状況からアプリを再開する事が可能になる。何言ってるのか自分でもよくわからないがARKitは空間情報を保存できるのかな。
同じ空間にいることはあんまりなさそうだけど。
(実験できるとしたら近くのカフェで試しにできるくらいか)

2.これが「体験の共有」らしい。
二人以上で同じARを共有して同時に体験を可能にするらしい。
誕生日会とか結婚式とかイベント系に使えそう。

3. ARKit2はオブジェクトの従来の平面画像に加えて、現実のオブジェクトのトラッキングも可能になったみたい。
既存のリアルの物体をトラッキングして上から別の物体を装飾できるそうになったんだとか。
この機能を使ってプレゼンではレゴで操作してなんかやっていました。

Siriショートカット機能

Siriショートカットという細かい機能がアップデートするんだそうです。
Appleはどうやら本気でSiriを全面展開したがっているのが見えてきましたね。
Siriがもう少し優秀になったら「amazon Echo」くらいまで進化してほしい。
あそこまで頑張ったら多分いろんなところで使われ出すよ、きっと。

メジャーアプリ

多分、あれはカメラ機能を使ってそれに写る実体の長さを測っていました。
個人的にメジャー(測定)アプリで考えたのが洋服屋で寸法を測る時に使えそうかなと思ったくらいです。

ミー文字

よくわからんw。

FaceTimeが32人まで共有可能に

なるそうです。
日本じゃFaceTimeが流行ってないからあんまり使われなさそうである。
そもそも日本じゃラインが一強なのでグループラインで済んでしまうんですよね。

総括

Siriといい、ARKitといいAppleはどうにかして人工知能や仮想現実(バーチャルリアリティ)の方面を強化していきたい方針を見せていたね。
それよりも新しいプロダクトを創り出してほしいんだけどねw。

Appleのスタンスはライフスタイルの充実にあるからそういう近未来の分野を攻めようとしてるんでしょうね。
開発者サイドからはこれからiOS12のβ版が順を追って仮リリースされていくからその新情報を追うのが本当に大変である。
Apple Developerサイトにログインしたら多分もうiOS12のベータ版ダウンロードできると思う。

なんかもうiOSは10で完成された感があるからiOS11も12もあまり新鮮味がなかったな。
iOSエンジニアとしてはちょっと残念感はありますね。
だからこそ、機械学習には魅力を感じてしまいます。