1. tmiki

    No comment

    tmiki
Changes in body
Source | HTML | Preview
@@ -82,15 +82,16 @@
## SSL証明書内容確認
```
$ openssl x509 -in cert_filename.pem -text -noout
```
これもCSRと同様、まずは下記の項目を確認します。
-これはクライアントとなるWebブラウザにて、アクセスしたドメイン名と一致しているかどうかの確認に利用されます。
+クライアントとなるWebブラウザにて、アクセスしたドメイン名と一致しているかどうかの確認に利用されます。
- Subject: CN=example.com
- X509v3 extensions: X509v3 Subject Alternative Name: DNS:example.com
-Subjectは基本的にはWebサーバの運営者情報となります。
+また、Subjectは基本的にはWebサーバの運営者情報となります。
これはアクセスしたユーザ(=人間)が必要に応じて参照し、信頼できる組織がWebサーバを運営しているかどうかを判断するための情報となります。
EV SSL証明書の場合、アドレスバーの横に運営組織名が表示されますが、これは「O」の内容が利用されます。
+
- Subject: C=JP, ST=Tokyo, L=Taito-ku, OU=Business Innovation Center, O=Tech Fun corp., CN=example.com