Java
JavaScript
Linux
Ubuntu
ubuntu16.04

Ubuntu16.04 Java, JavaScript関連開発者向けセットアップ

More than 1 year has passed since last update.

この記事について

私はJava(with Gradle)やJavaScript(最近はVue)などを主として使用する者です。そんな私が、つい最近PCを移行する機会があったのでセットアップ時に実施した内容などをまとめておきます。

ちなみに、Keyboardの設定とDockerのインストール、VimからMarkdownファイルを読む設定も含んでいますが、Keyboardについては少しMacに近いような(スペース左側を押したら英数、右側を押したら日本語)挙動の設定です。

Ubuntu16.04セットアップ

最新化と基本ツール郡のインストール

初回のupdate、upgradeは時間がかかる。それからautoremoveはupgrade等した結果不要となったやつを消せるので実施。

sudo apt-get update
sudo apt-get upgrade
sudo apt-get autoremove
sudo apt-get install build-essential vim

bashrc、profile、vimrcの更新

今までは.bashrcではalias view="vim -R"を追加していたが、vimをインストールしたら勝手に関連付けられるようになったっぽい。

.bashrcではhistsize等の変更だけ。

# for setting history length see HISTSIZE and HISTFILESIZE in bash(1)
HISTSIZE=5000
HISTFILESIZE=5000

# 残しても意味の無いコマンドを記録しない
HISTIGNORE='ls:bg:fg:history'

# 時間の出力を可能にし、awkなどで扱いやすいようにタブ区切りとする
HISTTIMEFORMAT='%F %T '

.profileについては入れるツールに関連したパスの追加だけなのでここでは特別な対処なし。

.vimrcについては好みがあるので人によっては使いづらいかも。タブは2スペース、今いる行は表示してほしい、全角スペースも表示してほしい、マークダウンプレビューのプラグインの連携したい、Gradle用のハイライトつけたい、って感じですね。

set title
set showmatch
set tabstop=2
set shiftwidth=2
set expandtab
"set autoindent
set encoding=utf-8
syntax enable
set backspace=indent,eol,start
set hlsearch
set smartcase
set cursorline
set list
set listchars=tab:>\ ,trail:_
set ic
highlight SpecialKey ctermfg=darkgray
highlight NonText ctermfg=darkgray
highlight ZenkakuSpace cterm=underline ctermfg=darkgray
match ZenkakuSpace / /

highlight DiffAdd    cterm=bold ctermfg=10 ctermbg=22
highlight DiffDelete cterm=bold ctermfg=10 ctermbg=52
highlight DiffChange cterm=bold ctermfg=10 ctermbg=17
highlight DiffText   cterm=bold ctermfg=10 ctermbg=21

" instant-markdownの設定を追加
let g:instant_markdown_autostart = 0

" Gradle Highlight
au BufNewFile,BufRead *.gradle setf groovy

Keymap(キーボード)の設定

キーボードの設定はちょっと面倒。

  1. System Setting > Language SupportからAdditional Language Packがダウンロードされることを確認する(優先順位の高い位置に日本語を持ってくる必要はない)
  2. 一旦ログアウトしてから同じ場所を開く
  3. Kayboard input method systemでIBusになっていることを確認する
  4. System Setting > Keyboard > Text EntryからJapanese(Mozc) (IBus)を追加する

ここまでで一応日本語入力はできるようになる。ただ、このままだと、無変換やCapsLockの挙動が不便なのでさらに変更を加える。

  1. System Setting > Keyboard > Text Entry > Japanese(Mozc) (IBus)を選んだ状態で出てくるキーボードアイコンの横にあるツールっぽいアイコンを押す
  2. General > KeymapからCustomize...を選ぶ
  3. おすすめとしては、Muhenkan、Hankaku/ZenkakuはDeactivate IME(英語入力モードにする)、Hiragana、KatakanaはSet Input Mode to Hiraganaに変更(日本語入力モードにする)

この設定はkeymap.txtとしてエクスポートしてあるのでインポートすれば使用可能な見込み。ただ、このままだとCapsLockの挙動はそのままなのでさらにもうひと手間加える。

/usr/share/X11/xkb/symbols/jpにキーボードの挙動を定義しているファイルがある。(変更する前にバックアップを取ること)

key <CAPS>から始まる行が3行ある(そのうち1行はMac関連なので無視)ので、次のように置き換える。(ログアウトしてログインして反映) key <CAPS> { [ Control_L> > ] };

期待している挙動としてはCAPS + ACtrl + Aの挙動なのだけど、実態はなんの効果も及ぼしていないので何かしら設定がまずいかも。ただし、少なくともこの設定でCapsLockの挙動(大文字小文字とか入力モードが変わるとか)自体は封印できたので最低限満たすことができたということでひとまず良しとする。

Yarn install

curl -sS https://dl.yarnpkg.com/debian/pubkey.gpg | sudo apt-key add -
echo "deb https://dl.yarnpkg.com/debian/ stable main" | sudo tee /etc/apt/sources.list.d/yarn.list
sudo apt-get update && sudo apt-get install -y yarn

yarnのインストール自体はこれでいいがnodeのバージョンが古い(4.x)ので、nodeを別途インストールする。

Installation | Yarn

Nodejs install

curl -sL https://deb.nodesource.com/setup_8.x | sudo -E bash -
sudo apt-get install -y nodejs

Installing Node.js via package manager | Node.js

OpenJDK install

sudo apt-get install openjdk-8-jdk

Eclipse, Gradle install

それぞれ次からダウンロード後に展開し、/optにディレクトリをmv、.profileに記載を追加してパスを通した。

余談だけどEclipseの最新バージョン(Oxygen)は結構使いやすい印象だった。Gradleも当たり前のように使えたし、UIもクリーンになっていたし。

Google Cloud SDK install

次の手順に従ってインストールを実行。tar.gzを展開し、/optにディレクトリをmv、./google-cloud-sdk/install.shを実行してインストール処理。その後、gcloud initで初期化。ブラウザで認証操作を実行する。同じく.profileに記載を追加してパスを通した。

Quickstart for Linux  |  Cloud SDK Documentation  |  Google Cloud Platform

Docker install

次の手順に従ったところ。若干面倒だった。使わないときにも勝手に動き出すと邪魔なのでインストール後disableにしている。

sudo apt-get install apt-transport-https ca-certificates curl software-properties-common
curl -fsSL https://download.docker.com/linux/ubuntu/gpg | sudo apt-key add -
sudo apt-key fingerprint 0EBFCD88
sudo add-apt-repository "deb [arch=amd64] https://download.docker.com/linux/ubuntu $(lsb_release -cs) stable"
sudo apt-get update
sudo apt-get install docker-ce
sudo systemctl status docker
sudo systemctl disable docker

Get Docker CE for Ubuntu | Docker Documentation

その他クライアント系ツール

不便していること

基本的に困っていることは少ないのですが、CapsLockをCtrlとして使えないのだけ不便しています。なにかしらインストールして解決する手段もあるのでしょうが、CapsLockの置き換えだけにそれはしたくないので、一定のファイルの書き換えで済むと良いのですが。もしご存知でしたらおすすめしてください。

以上です、ご参考までに。