Help us understand the problem. What is going on with this article?

DroidKaigi 2020 の Repository に Contribute した話

表題そのままですが、初めてオープンソース開発に Contribute しました。
そのままの勢いで書いてしまいました。

DroidKaigi ??

DroidKaigiはエンジニアが主役のAndroidカンファレンスです。
Android技術情報の共有とコミュニケーションを目的に、2020年2月20日(木)、21日(金)の2日間開催します。

DroidKaigi 2020

そしてこのカンファレンス用のモバイルアプリは有志によって作成されています。

GitHub - DroidKaigi/conference-app-2020: The Official Conference App for DroidKaigi 2020 Tokyo

前々から Android アプリ開発のバイブルとして (勝手に) 参考にさせていただいていました。
このプロジェクトに参加できたら Android アプリエンジニアとして成長できるだろうなと思っていたのです。

その思いを爆発させるのは今しかない...!!

Contribute

Welcome contribute のラベルがついたものは比較的参加しやすいものだそうです。

ただ自分でもできそうな Issue が上がっていても爆速で Assigne されてました。。。😭
その中でやっと実装した内容はこちらになります。🙋

やった事としてはセッションのリストをグルーピングする前に他のリストの項目を除外するだけです。
(1行追加しただけ。。。)

Issue

PR

👏

Accident

ハマった...と言う程でもありませんが、Push の方法で手間取りました。。。

fetch できるのに push できないなぁ〜〜〜😱
と思っていたらまず Repository を fork してからそこで作業をするのですね。。。
確かに、不特定多数が触れると悪意があればいくらでも改竄できてしまいますからね。

詳しい Contribute の仕方を纏めてくださっていました。

DroidKaigi 2020のアプリをGitHubで公開しました - DroidKaigi - Medium

Conclusion

いつか DroidKaigi に参加(登壇)してみたいです。
東京の会社に転職すれば可能性が。。。

最近英語の勉強に力を入れているので、アプリ開発スキルも合わせて自信に繋がりました。

(これまた勝手に)フォローしている takahirom さんからリアクションがもらえるのは嬉しかったですね。
これからも Android アプリ開発盛り上がっていきましょう😁

tick-taku
Android えんじにゃー。猫と星とロードバイクが好きです。 #Android #Kotlin #AWS #Python
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away