1. ti-ginkgo

    No comment

    ti-ginkgo
Changes in body
Source | HTML | Preview

python-twitterを利用して、pythonでTwitterを操作する。

python-twitterを利用して、pythonからTwitterを操作してみます。

プログラム実行前に準備すること

Twitter Appにアクセスし、[Create New App]で新規作成します。
URLの入力が求められることがありますが、なんでも構いません。
各種Keyを発行します。以下の4つです。
 ・Consumer Key(API Key)
 ・Consumer Secret(API Secret)
 ・Access Token
 ・Access Token Secret
これらが終われば、必要な準備は終わりです。

ライブラリのインストール

PythonでのTwitterライブラリは数多くありますが、今回はpython-twitterを使用したいと思います。
インストールは$ pip install python-twitterによりできます。

実際にライブラリを使用してみる

ログインしましょう。

import twitter

api = twitter.Api(consumer_key=' ',
                  consumer_secret=' ',
                  access_token_key=' ',
                  access_token_secret=' '
                  ))
# 空白には自分で取得した各種キーを文字列として入力してください。
# これによりプログラムからTwitterを動かすことができます。

最近の自分のタイムラインを取得してみましょう。
ついでに内容も表示してみましょう。

statuse = api.GetUserTimeline(api.VerifyCredentials().id, count=200)
# countに指定した個数のタイムラインを取得することができます。
# 取得できる最大値は200です。

for s in statuse:
    print(s.text)
# タイムラインの内容が表示されます。

フォロワーのタイムラインを取得してみましょう。
今回は数が多くなるので、5人のフォロワーの最新の5件を表示します。
*鍵垢の人のタイムラインは取得できないようです。

friends = api.GetFriends()
for i,friend in enumerate(friends):
    if i > 5:
        break
    friends_statuse = api.GetUserTimeline(friend.id, count=5)
    print(friend.name) # ユーザー名
    for f_s in friends_statuse:
        print(f_s.text) # ツイートの内容
    print() # 改行

実際につぶやいてみましょう。
ダイレクトメッセージもついでに送ってみましょう。

api.PostUpdates('I love python-twitter.')

for i,friend in enumerate(friends):
    if i > 5:
        break
    api.PostDirectMessage(friend.id,'I love you.')

最後は写真をツイートしてみましょう。

api.PostUpdate('Picture.', media=' ')
# mediaの空白にアップロードしたい写真のパスを指定してください。

そのほかにもAPIには様々な関数が定義されているので、
気になる方は参考サイトを参照してください。

参考サイト

http://python-twitter.readthedocs.io/en/latest/