Atom Editor を EDITOR 環境変数に設定する

More than 3 years have passed since last update.


どういう問題?

.bashrc.zshrc などで EDITOR 環境変数に Atom Editor を設定するときのお話。

そのまま export EDITOR=atom とすると Atom が起動してすぐに shell に戻ってしまう。(正確には Atom を起動する shell script がすぐに正常終了してしまう)


そこで export EDITOR='atom -nw' ですよ

export EDITOR='atom -nw' とすると Atom が新規ウィンドウで開かれて、その新規ウィンドウが閉じられるまで待機するようになる。

これで shell で git commit したときに Atom が起動し、コミットコメント記載して Cmd+S Cmd+w Cmd+w できてハッピー。

具体的には


.zshrc

if [[ -x `whence -p atom` ]]; then

export EDITOR='atom -nw'
elif [[ -x `whence -p emacs` ]]; then
export EDITOR=emacs
else
export EDITOR=vi
fi

こんな感じで設定しています。


-nw の意味

$ atom -h

の結果から一部抜粋

option
説明

-n, --new-window
Open a new window.

-w, --wait
Wait for window to be closed before returning.

Emacs -nw とは全く意味が違う罠。