search
LoginSignup
1

DALL-E2もGoogle Colabで動かしたい!

AI画像生成のQiita記事Stable DiffusionばっかりでDALL-E 2の記事少なくない!?
ということで、海外のGithubを参考にDALL-E 2をローカルで動かします。

DALL-E 2とは

https://openai.com/dall-e-2/
ここ最近流行りのAI画像生成のサービスの1つで、主に文章から画像を生成するAIを利用することができます。
類似したサービスないしプログラムだと「Midjourney」、「Stable Diffusion」、「NovelAI Diffusion」などが有名ですね。
最近「Azure OpenAI Service」や「Bing」にも組み込まれたり、「Microsoft Designer」にも利用され始めており、またHOTになってきているサービスです。

やり方

  1. DALL・Eに登録していない人は登録して、メールにて登録されたことを確認してください。
    https://labs.openai.com/waitlist

  2. 上のGitHubに書かれている方法を利用してトークンを取得します。これで利用の準備は完了です。
    sess-XXXXXXXXXXXXXXXXXXXX

  3. pipを使用し、DALL-E 2をインストールします。
    pip install dalle2

  4. コードを書いていきます。DALL-E 2ライブラリを読み込みます(2.で取得したトークン使用)。
    from dalle2 import Dalle2
    dalle = Dalle2("sess-xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx")

  5. 画像を生成するコードを書きます。
    generations = dalle.generate("プロンプト")

実行した結果、以下の結果を得ることができます。

[
    {
        'id': 'generation-b3LLf5D59JwRQJSetvAONLOw',
        'object': 'generation', 
        'created': 1664740126, 
        'generation_type': 'ImageGeneration', 
        'generation': 
        {
            'image_path': 'https://openailabsprodscus.blob.core.windows.net/private/user-xxxxxx/generations/generation-xxxx/image.webp'
        }, 
        'task_id': 'task-k6i8TV46DDa2gKPqFlyZuJ6N', 
        'prompt_id': 'prompt-DiiBTh2I1xHhjWS9wf5J79Ti', 
        'is_public': False
    }
]

ダウンロードしたいときは
generations = dalle.generate_and_download("プロンプト")

その時はcontent/xxx.webpという形でcontentフォルダにwebp形式で保存されます。

実践

今回、butteflies flying in the skyというプロンプトを利用しました。

generation-3bl8iYHBorrTEFxzfP8uYr29.png generation-3bl8iYHBorrTEFxzfP8uYr29.png

それらしきものがちゃんと出力できましたね!
APIからの起動でもちゃんとクレジットは減るのでご注意を
image.png

それではよきAIライフを。

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
What you can do with signing up
1