Help us understand the problem. What is going on with this article?

gitについて

はじめに

今回、gitに関して体系的にインプットする機会があったので、備忘録も兼ねてまとめてみました。

この辺りが対象に書いてます。

・gitって何それ?って人
・仕事でgit使ってるけど、詳しくは分かんないなーって人

gitとは

ソースコードを管理する仕組み
分散管理システムにあたる。

中央管理システムと分散管理システム

分散管理システムを理解するために、まずは対義語にあたる中央管理システムについて。

中央管理システムは簡単に言うと1つのサーバーで全体を管理しているもの。
例:googleドライブ

デメリットとしてエンジニアによる同時に編集厳しい事。
サーバーが1つである為、それが壊れたら積んでしまう事。

この中央管理システムのデメリットに対応する為に作られたのが、分散管理システム。

分散管理システムは中央管理システムとは違い、本体だけでなく完璧な複製をユーザー各々の手元における。

それゆえに本体のサーバー壊れても死なない。
複数人での共同開発がしやすい。

git-flow

gitの実際の運用に関しては実際の開発現場ごとの作法に則るべきです。
その上で、一般的に言われているgitの運用の流れについてです。

gitコマンド

add gitで管理するファイルを追加
commit pushするための準備
push サーバーに反映
pull サーバーから差分を持ってくる
status 差分確認
branch ブランチ確認
checkout  ブランチ切り替え/作成
clone githubからクローンしてくる

git pushまでの流れ

0: git cloneでプロジェクトを手元に持ってくる
1:手元で開発する
2:githubに追加したい分をgit add ファイル名で追加する
3:git commitする。
4:git pullで他の人の差分を手元に反映させる
5:git pushでgithubにプッシュする
6:必要であれば、githubのpushしてあるブランチから、プルリクエストしたいブランチにプルリクエストを送る。

branchの運用

masterブランチ 

大元のブランチ。
開発時はユーザーの目に触れているサービスはmasterブランチの状態になっている。

developブランチ

開発時のメインブランチ。
開発が進んでいく度にpushしていく。
ユーザーの目に触れる前に試したい機能などはこのブランチを通じて行う。

featureブランチ

機能ごとの作成など、同時並行で開発を行う際にdevelopブランチから切るブランチ。
目的の開発が終わったらdevelopブランチにプルリクを送る。

おまけ gitとgithubの違い

git共有用のwebサービス
gitは技術そのもの
githubはそれらを提供しているサービス
プルリクなどの機能が充実している。

terry_6518
自社開発のITベンチャーで業務委託している駆け出しフロントエンドエンジニアです。 ブログでは初学者向けのVue.js、PHP(Laravel)の記事を主に投稿しています。
https://terrblog.com/
yowayowa-engineer
弱々エンジニア会とは駆け出しエンジニアやベテランエンジニアまで、弱々から強々まで幅広く集まるコミュニティのエンジニア集団です!!メンバー募集してますので気になる方は、URLよりSlackに参加ください!条件等は特にありません!
https://join.slack.com/t/yowayowa-engineer/shared_invite/zt-c227e3jr-uQ~0NOZU4xaiZjNLe_E8hg
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした