adobe
技術書
Acrobat
技術書典3

Adobe Acrobat Pro DC でPDFをモノクロ化

More than 1 year has passed since last update.

カラーのPDFをモノクロのPDFデータに変換する

環境

  • windows 10
  • Adobe creative cloud
  • ただのAcrobat readerでもできるかもしれない[未検証]

概略

  • 印刷を使う

方法

  1. 対象のPDFを開く
  2. Ctrl+pで印刷
  3. グレースケール(白黒)で印刷にチェックを入れる
  4. ページ設定で用紙サイズを設定する
  5. ページサイズ処理で「実際のサイズ」にする。このへんはお好みで
  • 見た目はこんな感じ image.png

自力で用紙サイズを作るよ

  • 前説
  • 印刷会社に入稿するためのPDFデータを作っていた
  • 塗り足しという概念がある。知らない人はググっておくれ
  • 今回はオライ○ーのクローン本なので用紙サイズは 横182mm x 縦233mm というB5変形サイズ
  • 塗り足しの概念を適用すると、今回 +3mm なので用紙サイズは 188mm x 239 mm になる
  • このサイズの用紙サイズはプリセットに入っていないので自分で作ることになる

用紙サイズを作る場合

  • 印刷の画面でプロパティ -> Adobe PDFの設定 -> Adobe PDF のページサイズの追加
    image.png

  • こんな感じで設定して、追加/変更 して保存する。用紙名はプリセットとかぶらないように雑に決める
    image.png

  • 印刷の画面のページ設定でさっき作った用紙名を選択
    image.png

  • 赤で囲んだところのサイズを確認して印刷すれば出来上がり
    image.png

自分で用紙サイズを作らない場合

  • 実際のサイズにして、PDFのページサイズに合わせて用紙を選択にチェックを入れる
  • 必要な場合にカスタム用紙サイズを使用にもチェックを入れる image.png
  • これで印刷すればカスタムサイズのPDFが印刷できる

解説Procps-ng 製本版が出ます

  • 本題です
  • ながらくプレビュー版で作っておりました「解説Procps-ng」製本版が2017/10/22に行われます技術書典3にてリリースします
  • 表紙です

image.png

  • Procps-ngは下記のコマンドが含まれたパッケージです
    • free, kill, pgrep, pkill, pmap, ps, pwdx, skill, slabtop, snice, sysctl, tload, top, uptime, vmstat, w, watch
  • すべてのコマンドとオプションを解説して内容が無味乾燥にならないように適宜実行例などを交えつつコマンドを紹介した本です
  • 仕様
    • B5変形(上で書いたサイズ)
    • 無線綴じ
    • カバー付。クリアPP加工
    • 本文モノクロ50ページ
    • 予価 500円

技術書典出展情報