1. tats-u

    No comment

    tats-u
Changes in body
Source | HTML | Preview
@@ -1,127 +1,129 @@
あくまでもやってみたらこうだったよという記録です。
#GCCのダウンロード
```
wget http://ftp.tsukuba.wide.ad.jp/software/gcc/releases/gcc-5.2.0/gcc-5.2.0.tar.gz
```
※bz2でもOKです。
#解凍・移動
```bash
tar xf gcc-5.2.0.tar.gz
cd gcc-5.2.0
```
#必要なパッケージのダウンロード
```
contrib/download_prerequisites
```
#ビルド用ディレクトリ作成・移動
```bash
mkdir ../gccbuild
cd ../gccbuild
```
#configure
```
../gcc-5.2.0/configure --program-suffix=5 --disable-multilib --enable-languages=c,c++ --host=x86_64-redhat-linux --build=x86_64-redhat-linux --target=x86_64-redhat-linux
```
元のGCC 4.4.7と共存させるためにsuffixをつけました。また、64bit専用にするつもりで`--disable-multilib`をつけました。bootstrapは有効にしてあります。
追記: Javaはいらないので`--disable-libgcj`もつけた方がいいみたいです。また、`/usr/local`以外にインストールする場合には`--prefix`以外にも`--with-local-prefix`も指定した方がいいらしいです。(ライブラリのインストール先)あとは「`--with-system-zlib --enable--checking=release`」などでしょうか?(`gcc -v`でOS付属のGCCのコンパイルオプションが確認できます)また、`--enable-languages`には**「s」をつけてください。**「s」なしでやってJava・Fortranのコンパイラも抱き合わせられてしまいましたので。これらを総括すると、
```bash
../gcc-5.2.0/configure --program-suffix=5 --disable-multilib --enable-languages=c,c++ --host=x86_64-redhat-linux --build=x86_64-redhat-linux --target=x86_64-redhat-linux --disable-libgcj --with-system-zlib --enable--checking=release #--prefix=DIR --with-local-prefix=DIR2 (#の後は場所を変える時のみ)
```
#ビルド
```
make -j8 BOOT_CFLAGS='-march=core2 -O3'
```
当方デスクトップ版i5なので`-j8`にしました。`-j`の直後はコア数の2倍がいいらしいです。ビルドにはかなり時間がかかりました。
+追記: `make ・・・・・・ bootstrap-lean`を使うとディスクスペースを節約できるそうです。
+
#インストール
porgをインストールしているので次のコマンドでインストールしました。**(GCCは`make uninstall`に対応していません)**
```
sudo porg -lp gcc-5.2.0 'make install'
```
追記:このままだと`gccbuild`以下に記録されるファイルがあるので、以下のようにして除外した方がいいと思います。(ついでに`make install`にオプション`-j8`をつける)
```
sudo porg -lp gcc-5.2.0 -E "${PWD}:/tmp:/dev:/proc:/selinux:/sys:/mnt:/media" 'make install -j8'
```
#コンパイル
まずC言語をコンパイルしてみました。
```
tatsu@localhostF ~/gcctest> cat hello.c
#include <stdio.h>
#include <math.h>
int main(void) {
puts("Hello, world!");
double inmu = M_E * (pow((M_E + M_PI) * (M_E + M_E + M_PI),M_E) + 1.0 / ((pow(M_PI,M_E) - M_E) * (M_E + pow(M_E,M_PI) - pow(M_PI, M_E))));
printf("Inmu number: %f\n",inmu);
}
tatsu@localhostF ~/gcctest> gcc5 hello.c -o hello
tatsu@localhostF ~/gcctest> ./hello
Hello, world!
Inmu number: 114514.191981
```
次にC++をコンパイルしてみました。
```
tatsu@localhostF ~/gcctest> cat cpptest.cpp
#include <iostream>
using namespace std;
int main() {
cout << "(。╹ω╹。)ㄘんㄘんㄟ⁰ㄋㄟ⁰ㄋㄜㄝㄋ" << endl;
int inmu = 0b11011111101010010;
cout << "2進数11011111101010010を10進数に直すと " << inmu << endl;
return 0;
}
tatsu@localhostF ~/gcctest> g++5 cpptest.cpp -o cpptest
tatsu@localhostF ~/gcctest> ./cpptest
(。╹ω╹。)ㄘんㄘんㄟ⁰ㄋㄟ⁰ㄋㄜㄝㄋ
2進数11011111101010010を10進数に直すと 114514
```
ちゃんと2進リテラルも正しくコンパイルされています。
#リンクしているライブラリを確かめる
一見大成功に見えますがちゃんとライブラリとリンクしているか確かめてみました。
```
tatsu@localhostF ~/gcctest> ldd hello
linux-vdso.so.1 => (0x00007ffd5d99d000)
libc.so.6 => /lib64/libc.so.6 (0x00000039f5200000)
/lib64/ld-linux-x86-64.so.2 (0x00000039f4e00000)
```
OS付属の古いライブラリとリンクしています。C++の方も確認してみました。
```
tatsu@localhostF ~/gcctest> ldd cpptest
linux-vdso.so.1 => (0x00007ffd971cb000)
libstdc++.so.6 => /usr/local/lib64/libstdc++.so.6 (0x00007f0121577000)
libm.so.6 => /lib64/libm.so.6 (0x00000039f6200000)
libgcc_s.so.1 => /usr/local/lib64/libgcc_s.so.1 (0x00007f0121360000)
libc.so.6 => /lib64/libc.so.6 (0x00000039f5200000)
/lib64/ld-linux-x86-64.so.2 (0x00000039f4e00000)
```
こちらは一部独自ビルドしたライブラリとリンクしているようです。
#~~追記: gets_s(C11にて追加)を含むC言語ソースをビルドした結果~~
~~`gets_s`が暗黙の宣言だというGCCの警告・`gets_s`というラベルがないというリンクエラーをいただきました。めでたしめでたし。`-I/usr/local/include/c++/5.2.0/`・`-L/usr/local/lib64`・`-L/usr/local/include/c++/5.2.0/`・`-Wl,-rpath -Wl,/usr/local/lib64`をつけても結果は変わらず。~~GCCは`gets_s`の実装をサボっているみたいです。(Fedora RawhideのGCC5.1.1で確認)別の関数で試してみます。
#まとめ
一応GCC5.2はCentOS6で動くということがわかりました。ただし、リンカ(ld)が古いライブラリとリンクしてしまう問題が発覚したので対処しなければならないということが新たにわかりました。GCC4.4.7で利用できない関数は使用を控えるしかありません。