Edited at

SSHからRaspberry piでGUIを操作する方法

More than 3 years have passed since last update.


SSHのX11 Forwardingを使う

ラズパイを使っているとなるべく画面とかコードを付けたくありません。

なので、基本はmacとかから繋いでコマンドラインによる操作になります。

しかし、カメラを繋いで画像処理をする、みたいなときにはGUIで確認したい必要性が生まれます。

その時の選択肢


  • ディスプレイ接続(コードがいろいろ辛い)

  • VNC (tightserverとか)(非力なラズパイで重い)

  • X11 Forwarding(悪くない)

この中で自分が一番いいと思ったのは、X11 ForwardingしてPC上でGUIを表示する方法でした。

しかしX11が自分の年とほぼ同じとは。。。知らなかった。


HOW


  • MacでX11サーバを立てる。


    • XQuartzを入れる&XQuartzを起動

    • 普通にXQuartzを入れる

    • これがMac上で動くX11サーバになる




  • SSH -Xでラズパイに接続


    • X11を使うときにフォワードしてくれる



  • raspi上でGUIを実行


    • emacsとか、PythonのOpenCV使ったプログラムとかのウィンドウが表示される


    • :smile:



  • デスクトップ環境も飛ばしたければ


    • raspi上でlxsession&

    • 軽量デスクトップマネージャが起動




Prerequisites


  • ラズパイにはraspbian OSが入っていると仮定

  • 必要だったらアップデートしておく。sudo apt-get update