Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationEventAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
6
Help us understand the problem. What are the problem?

More than 5 years have passed since last update.

@talefantasia

ElasticSearchで検索のプロになる!03.まずはお試し。

インストールできたので、ホスト側からデータの操作をしてみたいと思います。
基本、ElasticSearchはRESTなので、そのへんがわかっている人にはとっつきやすかと。

わからない人は適当にググッてからお試ししてもらうことをおすすめします。
でも、サンプル叩いていればなんとなくわかるとは思う。

まずは、データの入れ込み。ElasticSearchはスキーマレスなので、先ずは簡単に動きを。

データの登録
ドキュメント名:blog
タイプ:test
Jsonデータ : {"title":"test"}

で登録します。

登録するときのID(ここでは1を指定)をこちらで指定する場合は以下のように叩くだけ。

curl -X PUT http://127.0.0.1:9200/blog/test/1/ -d '{"title":"test"}'

PUTは新規に作成という意味ですが、ここではIDをを指定して新規に作成。

でも、これだと色々面倒なので、自動でIDを降って欲しい場合は

curl -X POST http://127.0.0.1:9200/blog/test/?pretty=true -d '{"title":"test"}'

Response

{
  "_index" : "blog",
  "_type" : "test",
  "_id" : "AU38J2ma1TEYzBhlnyfW",
  "_version" : 1,
  "created" : true
}

手な感じ。

該当する記事の値をとるときは

curl -X GET http://127.0.0.1:9200/blog/test/1/?pretty=true

Response

{
  "_index" : "blog",
  "_type" : "test",
  "_id" : "1",
  "_version" : 1,
  "found" : true,
  "_source":{"title":"test"}
}

この辺は凄く基本的な感じ。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
6
Help us understand the problem. What are the problem?