PHP

いろいろな構文

switch文

  • 「もしaaaの場合、bbbをする。またはcccの場合、dddをする。または…」
switch($num){
 case 1:
   echo '1です';
   break;
 case 2:
   echo '2です';
   break;
}
  • 書き方
switch(判定に使いたい値や変数){
 case :
   実行したい命令
   break;
 case :
   実行したい命令
   break;
}

if文

  • 「もしaaaの場合、bbbをする。」
if($num==3){
  echo $num;
}
  • 「もしaaaの場合、bbbをする。そうでない場合、cccをする。」
if($num==3){
  echo $num;
}else{
  echo '変数$numは3でない';
}
  • 「もしaaaの場合、bbbをする。そうでなく、もしcccの場合、dddをする。」
if($num==3){
  echo $num;
}elseif($num==5){
  echo '変数$numは5です';
}

while文

  • 「aaの間、bbをする。」
$i=0;
while($i<1000){
 echo $i;
 $i++;
}
  • 書き方
while(条件式){
 条件にあっている場合に実行したい命令
}

for文

  • 「aaの間、bbをする。」
for($i=1;$i<1000;$i++){
 echo $i;
}

$i=1 変数$iを作って1を代入する。最初のみ1回だけ実行される。
$i<1000 ループごとの最初に変数$iを比較。1000未満かどうか。
$i++ ループごとの最後に変数$iをインクリメントする。