Help us understand the problem. What is going on with this article?

Qiitaにおけるリモートワーク主体の開発プロセス

More than 3 years have passed since last update.

Qiitaにおけるリモートワーク主体の開発プロセス

by takashi
1 / 22
  • 2016/9/27 スタートアップRails勉強会発表資料

About

  • @takashi
  • Increments アプリケーションエンジニア
  • 主にQiita:Team担当
  • 最近入社した

 最近

image


Incrementsの開発チームが大事にしていること :bulb:

  • HRTを大切にしたコミュニケーション
  • 作業は意識的に自動化する
  • 属人性を極限まで排除する
  • 重要な価値に集中する

Qiitaにおけるリモートワーク開発プロセス


HRTを大切にしたコミュニケーション

Humility(謙遜), Respect(尊敬), Trust(信頼)


リモートワークにおいてHRTとは?


:thumbsup: :pray: :bow: :innocent: :tada:


オンラインコミュニケーションは誤解を招きやすい

  • (本当に)意図せず冷たく接しているように伝わる :no_good:
  • そこで :pray:
  • なにげないレビューに :thumbsup: を添えるだけで雰囲気が良くなる
  • (けど普段喋れないこともあるので)月1回はオフラインで集まるようにしている :beers:

作業は意識的に自動化する & 属人性を極限まで排除する :muscle:

  • リモートワークは同期的なコミュニケーションを取るコストが高い
  • 入社したその日には誰にも聞かずに働ける(環境構築も終わった)みたいな環境がとても便利

たとえば

  • 入社した際のフローをまとめておく
  • docker-composeを使った開発環境の配布
  • イケてないUIの勤怠管理システムをラップして、slack上から勤怠管理を行えるように
  • re:dashを使った各種KPIの計測、それをslackから参照できるように
  • (そしてそれらを)Qiita:Teamに残しておく

重要な価値に集中する

  • スタートアップに無駄なことをしている時間はない
  • 「本当に必要な機能なのか」をしっかりと確認するためのフローが必要
  • 口頭で話した、は無くしていきたい

PRD, RFC


PRD

Product Requirements Document

つまり 「製品への要求が書かれた文書」

  • IncrementsだとQiita, Qiita:Teamぐらいの単位で存在する
  • 製品の目指すゴール、ユースケース、UXや技術的な要求について詳しく書いていく
  • 新しい機能の実装時などに、逐一確認、必要に応じて編集しながらゴールを明確にしていく
  • 実装方法については書かない
  • 迷ったらここを見る

なにを書くか

# 概要 / Summary

# 背景 / Background (Optional)

# 製品原則 / Product Principles

# スコープ
製品のゴールおよびゴールとしないものについて記述する。

# KPI

# 対象ユーザー / Target Users

# ユースケース / Use Cases

# 市場分析 / Market Analysis

# 競合分析 / Competitive Analysis (Optional)

# 機能要求 / Functional Requirements

# UX要求 / UX Requirements
## UIモックアップ / UI Mockups (Optional)

# その他の技術的要求
## システム要求
## セキュリティ要件
## プライバシー要件
## パフォーマンス要件

# リリーススケジュールおよびマイルストーン / Release Schedule & Milestones
## テスト計画
# マーケティング計画 / Go-to-Market plan (Optional)

RFC

Request for Comments

「新機能や機能改善のための提案書」 として使っている

  • 軽い気持ちでつくって共有する。いけそうだったら実装に入る
  • 実装に入るまでの段階で議論を重ねられる
  • 「本当に必要なものなのか」をPRDよりもミクロなスコープで見ることができる
  • GoogleのDesign Docにも近い

何を書くのか

# 概要

# 動機

# 詳細

# 欠点

# 代替案

# 未解決の問い

image


まとめ

  • HRTを大切にしたコミュニケーション
  • 作業は意識的に自動化する
  • 属人性を極限まで排除する
  • 重要な価値に集中する

QiitaやKobitoを作る開発チームの文化
http://blog.qiita.com/post/74997115585/increments-dev-team-culture


:pray: We're hiring! :pray:

@takashi に気軽に話しかけてください :pray:

takashi
いろいろ作ります
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした