PHP
Progate

GET送信とreturnの特性 Progate:PHP講座4を終えて

未来電子テクノロジーでインターンをしている高見です。

ProgateのPHP4が終わったのでまとめます。


目次


  • GET送信

  • returnの特性

  • ID番号をふっていく


他ページに情報を渡す方法

URLの末尾に?をつけて、「キー名=値」で次のページに値を渡すことができる。

これってGET送信の方法だと思う。。(ProgateではGETとPOSTの違い言われてないけど。)

//index.phpの中

<a href="index2.php?name=Takamin">

//index2.phpの中
echo $_GET['name']; ->これでTakaminが表示される

$_GETの中身は連想配列になっている
array(
'name' => 'Takamin'
)


returnの特性

returnは、実行された瞬間に関数の処理を終了させる特性がある。

function getLargeNumber($num1,$num2){

if($num1 > $num2){
echo '$num1は$num2より大きい'; //a
return $num1;
}
echo '$num2は$num1以上'; //b
return $num2;
}

getLargeNumber(4,2);
//結果 4は2より大きい
// 4
// bは実行されない。


ID番号をふっていく

class Student{

private $studentID;
private static $countID = 0;
public function __construct($name, $gender){
self::$countID++;
$this->countID = self::countID;
}
public function getID(){
return $this->countID;
}
//インスタンスが作られるたびにIDを+1する仕組み

$student1 = new Student(Takamin, male);
$student2 = new Student(Megumin, female);

echo $student1 -> getID() //1
echo $student2 -> getID() //2