confluence
jira
Atlassian

JIRAのチケット検索で使うJQLの例(適宜追加)

はじめに

JIRAはJQLを使いこなすとチケットを柔軟にフィルタリング&表示させることができるため、より便利なツールとなります。よく使うJQLをまとめました
便利なJQLを見つけたら適宜追加していきます

接続詞

項目 説明 こんな感じに使う
and 複数の句を繋げたい時 project = "New office" and status = "open
or または reporter = jsmith or reporter = jbrown

等号、不等号

項目 説明 こんな感じに使う
= 左右イコールの場合.報告者がjsmitの場合 reporter = jsmith
!= 左右等しくない時。結構使う assignee != jsmith
> 左側の方が大きい時。例だと優先度が「普通」より高い時 priority > normal
>=
<
<=
in 複数の項目を含む時。結構使える。例はconponent1,2,3に含まれるチケットを表示 component in (1,2,3)
not in conponent1,2,3に含まれないチケットを表示 component not in (1,2,3)
~ ◯を含む、というように探したい時。これも結構使う。例は「要約」のフィールドで「win」という言葉を含む時 summary ~ win
!~ 含まない時.例は要約にrunという文字が含まれない時 summary !~ run
is 大体はemptyと組み合わせて使う。↓の例だと、fixVersionというフィールドに文字が含まれている(または含まれていない)チケットを表示する fixVersion is empty
is not fixVersion is not empty

順番やソート関連

項目 説明 こんな感じに使う
ORDER BY ○ DESC 降順 project = TES AND issuetype = エピック AND status != Resolved ORDER BY priority DESC
ORDER BY ○ ASC 昇順 project = TES AND issuetype = エピック AND status != Resolved ORDER BY priority ASC

人(担当者や報告者)でフィルタリングする時

項目 説明 こんな感じに使う
assignee 担当者.例は担当者がJohn Smithのチケットを表示 assignee = "John Smith"
reporter 報告者 reporter = "John Smith"
currentUser() 自分(現在ログインしているユーザー) assignee = currentUser()
creator チケット発行者 creator = "Jill Jones"
watcher チケット監視者 watcher = "Jill Jones"

ちなみにメールアドレスでも絞ることが可能

assignee = "bob@mycompany.com"

日付関連

項目 説明 こんな感じに使う
dueDate 期限.期限切れのチケットを表示する時 duedate < now()
dueDate 期限まで14日のチケットを表示させたいとき project = "TEST" AND duedate <= "14d"
dueDate 期限が2017年1月末までのチケットを表示させたいとき duedate <= "2017/1/31"
dueDate 何日から何日までとしたい時 duedate >= "2017/01/01" AND duedate <= "2017/01/31"
created ◯日以内に作られたチケットを表示させたい時 project = "TES" AND resolution = Unresolved AND created >= "-5d"
created = startOfDay()
startOfDay(-0d) 当日以降のチケットを表示させたい時 created > startOfDay(-0d)
StartofWeek() 今週のチケットを表示させたい created > StartofWeek()

チケットのステータスで絞る時

項目 説明 こんな感じに使う
open open中のチケットを表示 status = open
in progress 進行中 status = In Progress
resolved 解決済み status = resolved
closed クローズ status = closed
resolution 解決状況 resolution = Unresolved

例:2011年の1月の間に解決済みになったチケットを表示

resolved > "2011/01/01" and resolved < "2011/02/01"

その他の便利JQL

項目 説明 こんな感じに使う
parent 親課題にぶら下がっているサブタスクの一覧を表示させたい時 parent = TES-365(親課題のKEY)
description 説明欄に特定の文字が含まれているチケットを表示させたい時 ~ "\"ここに文字をいれる\""

descriptionの例

project=TES AND creator=currentUser() AND description ~ "\"TEST\"" AND created >= "-25d"

WBS Gant

WBSガントのプラグインを使っている方用

項目 説明 こんな感じに使う
"Start Date(WBSGantt)" WBS開始日 "Start Date(WBSGantt)" <= "30d"
"End Date(WBSGantt)" WBS終了日 "End Date(WBSGantt)" <= "30d"

こういう記事も書いてます

slack botでJIRAチケット自動作成~pythonでslack bot開発①~
slack botでJIRAチケット→Slack通知の自動化~pythonでslack bot開発②~
JIRAとtogglを連携し、チケットベースで時間管理を行う