RaspberryPi

Raspberry Pi導入時にmicro SDが反応しない時の対処法

はじめに

Raspberry Piを使っていて、8GBの容量では足りなくなってしまいました。
そこで128GBにして全く同じように導入したのですが、micro SDが反応しないという問題が発生しました。
今回は僕が上手くいった方法を紹介します。

環境

Raspberry Pi 3 Model B
NOOBS v2.4.4

問題の箇所

大まかに以下のようにRaspberry Piはインストールすると思います。

  1. micro SDのフォーマット
  2. NOOBSのダウンロードおよび解凍
  3. 解凍したファイルをmicro SDにコピー
  4. Raspberry Piにmicro SDを刺す
  5. 電源を刺すとインストーラが開く ← ココ!!
  6. インストーラに従いインストールを行う

5で電源を刺した時に、電源の赤いランプはつくのですが、OSが起動する時につく緑色のランプがつきませんでした。
8GBの時と全く同じzipファイルを解凍してやっているので、NOOBSのせいではなさそうということはわかりました。

解決方法

結局「micro SDのフォーマットはFAT32形式で行わなければいけない」という問題でした。

使っていたフォーマッタはフォーマットの方式が選べない仕様になっていました。
つまり、8GBの時は勝手にFAT32が選択されていたのだと思います。
一方で、今回は128GBなので、おそらく勝手にexFATが選択されていたのだと思います。

僕のOSはWindow10だったので、I-O DATA ディスクフォーマッタをダウンロードして、
FAT32でフォーマットすることで無事にインストールができました。