ATOM

Atomでパッケージを作ってみた その3

More than 3 years have passed since last update.

主要なクラスを試してみた。

#プロジェクトのパスを取得する。

console.log atom.project.getPaths()
# =>"C:\Users\tajihiro\github\sample01"


TextEditor

アクティブなエディタをatom.workspace.getActiveTextEditor()で取得可能。

#アクティブエディタを取得する。

editor = atom.workspace.getActiveTextEditor()

#アクティブなエディタのフルパスを取得する。

console.log editor.getPath()
# => "C:\Users\tajihiro\github\sample01\lib\sample01.coffee"

#アクティブなエディタのタイトルを取得する。

# => sample01.coffee
editor.getTitle()

#アクティブなエディタの内容を取得する。

editor.getText()

#アクティブなエディタのカーソルで選択した内容を取得する。

editor.getSelectedText()

#アクティブなエディタの最上位に移動する。

editor.scrollToTop
#アクティブなエディタの最下位に移動する。
editor.scrollToBottom

#選択した内容をクリップボードにコピーする。

editor.copySelectedText()
#選択した内容をクリップボードへカットする。
editor.cutSelectedText()

その他たくさんあるので、試してみよう。

本日はここまで。