Rubinius 2.0.0-dev をインストールする with rbenv

  • 3
    Like
  • 0
    Comment
More than 1 year has passed since last update.

ruby-build 使えば楽かな―と思ったら Build Failed したので少し格闘しました。日本語の記事ないので書いてみました。

すでに rbenv で CRuby をインストールしている人向けです。実行した環境は OS X 10.8 です。

Rubinius をインストールする

  • libyaml をインストールする。 i.e. brew install libyaml

  • クローンして configure:

# Clone Rubinius
git clone https://github.com/rubinius/rubinius.git
cd rubinius

# Rubinius に必要な gem を入れる
bundle install

# rbenv のパスが違う場合は適宜変更してください
./configure --prefix=$HOME/.rbenv/versions/rbx-2.0.0-dev
  • [Option] もし rake -T を実行してみて RUBYLIB 環境変数に関するワーニングがでたら、Rakefile を次のように修正する:
 require 'redcard'
 require './rakelib/configure'

+ENV["RUBYLIB"] = nil
+
 include Rake::DSL if Rake.const_defined? :DSL

 if ENV["RUBYLIB"]

Bundler.setup でこの環境変数が設定されるみたいです。

  • rake を実行して完了!

Rubinius を有効にする

Rubinius は CRuby と違う bin path を持っているので rbenv にパッチが必要です。そのための rbenv プラグインがあって、今の Rubinius 用にアップデートしたのでこれを使います。 https://github.com/taiki45/rbenv-rbx_2.0.0-dev_fix

mkdir -p ~/.rbenv/plugins
cd ~/.rbenv/plugins
git clone git://github.com/taiki45/rbenv-rbx_2.0.0-dev_fix.git

あとは rbenv global rbx-2.0.0-dev そして rbenv rehash.

エンジョイ Rubinius!


参考にしたもの