Chinachu

Chinachu(γ) / Mirakurun をソースから動かしたメモ

More than 1 year has passed since last update.

Chinachu(γ)自体を動かした話がなかったので。「βと一緒だよー」と言われてはいるものの https://r2.ag/chinachu-gamma/ じゃあβはどうやって動かせば良かったっけとなるので書き残しておきます。


前提


  • recpt1が動作している

  • 私の環境は Ubuntu 16.04 その他の環境の人は適宜読み替えてください


概要

Mirakurunの導入ができれば、Chinachuはβと同じような手順で動きます


手順


node環境構築

nvm経由で node v6.9.2 をインストール。ただしnvm経由だと、sudoユーザからのMirakurun起動が上手く行かなかったためrootユーザでnvm / Mirakurunをインストールした。


Mirakurunインストール

rootで

# git clone https://github.com/Chinachu/Mirakurun

# cd Mirakurun
# npm install pm2@latest -g
# npm install
# npm typings-install
# npm run build
# npm install . -g --production --unsafe
// ここまででインストール完了

// 動作チェック
# mirakurun start
# mirakurun status
# curl http://localhost:40772/api/tuners
# curl http://localhost:40772/api/channels
# curl http://localhost:40772/api/programs


Chinachu(γ)インストール

// 2016/1/3現在、デフォルトブランチがganmaの模様

$ git clone https://github.com/Chinachu/Chinachu
$ cd Chinachu
$ cp config.json.sample config.json

config.json を設定
wuiPort -> 好きなポート、通常は10772
wuiHost -> サーバを置いてるホスト

// 動作確認
$ ./chinachu service operator execute
$ ./chinachu service wui execute
wuiHost:wuiPortで設定したアドレスへ、ブラウザからアクセスできればOK

上記で問題なければservice化しておくと便利(optional)

$ ./chinachu service operator initscript > /tmp/chinachu-operator
$ ./chinachu service wui initscript > /tmp/chinachu-wui

$ cd /tmp
$ sudo chown root:root chinachu-*
$ sudo chmod 755 chinachu-*
$ sudo mv chinachu-* /etc/init.d/
$ sudo update-rc.d chinachu-operator defaults
$ sudo update-rc.d chinachu-wui defaults
$ sudo service chinachu-operator start
$ sudo service chinachu-wui start

動いているか確認
$ ps ax | grep chinachu


参考文献・記事

この記事はメモ書きです。より詳細な内容は


  • 「空気録学 2016年12月号(C91)」

でMirakurunの解説などがあります。(2016/1/3現在、在庫切れのようですが…)

βの設定で参考にした記事