Help us understand the problem. What is going on with this article?

お試しMicrosoft Flow 毎朝Slackにお天気情報を送信するBotを作成する

More than 1 year has passed since last update.

Microsoft Flowなるワークフローをコーディングなしで作成できる便利なサービスがあったのでお試しということで、Slackで毎朝11時に新宿のお天気情報をつぶやくBotを作ってみました。
DropboxやGoogle Drive、Slackなど、様々なサービスを横断的に接続できるので結構便利です。
しかもかなりお手軽。

1. テンプレからフロー作成

https://japan.flow.microsoft.com/ja-jp/galleries/public/templates/dc19fda0d36411e69a99cdf03e6c73d2/get-daily-updates-of-the-weather-forecast-celsius-with-push-notifications/
から。
1からやってもすぐできるのですが、せっかくあるので。

2. Recurrenceの設定

ワークフローのトリガーから順に見ていきます。
定期的な繰り返し処理がトリガーですが、頻度はお好みで。
タイムゾーンは東京に設定。
自分は朝11時に起動してほしかったので、 1回/day とし、開始時刻を2017-08-29T11:00:00Zとしました。

3. Todayの天気を取得する

場所は新宿区とかで大丈夫。
単位も普通にMetricで。

4. Slackの設定

Slackの投稿メッセージアクションを追加。
どのチャンネルに投稿するかを決定し、下のような感じで設定しましょう。

スクリーンショット 2017-08-28 23.54.54.png

条件分岐で、降水確率が70%以上の日は「傘は忘れてないですか?」とか、最高気温25度以上の日は「熱中症には気をつけてください」とか言うようにしてもいいかも。

5. 動作確認

最終的にこんな感じです。
(画像はLocationが追加されているけど、いらないです。)
スクリーンショット 2017-08-28 23.57.05.png

「フローを更新」を押下すると、今すぐ実行を選択できるようになるので試しに実行してみましょう。

スクリーンショット 2017-08-28 23.59.49.png

できました。
見た感じ、もっと複雑なこともできそうです。
まだまだアクションなども追加されていきそう。

tachibanayu24
Webのバックエンドとフロントエンドがほとんどです
https://twitter.com/tachibanayu24_
metaps
世界の頭脳へ コンピュータにあらゆるデータを学習させて、人々の最適な意思決定を支える頭脳になることを目指しています。
https://metaps.com/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした