Git
command
cli

【初心者向け】最低限のgitコマンド

Progateで勉強しながら自分と友人用にまとめたものです。

1. 最低限のgitの流れ

  • 初期化

ディレクトリを指定しなければ、コマンドを実行したワーキング・ディレクトリの直下にリポジトリのための「.git」というサブディレクトリが作成される。

git init {directory_name}
  • インデックスに登録(add)
git add {file_name}
# file_nameの代わりに-Aですべて追加

*インデックスに追加されているファイルをコミットする

git commit -m "Commit Massage"
  • リモートリポジトリを登録する(関連付ける)
git remote add {remoteRep_name} {remote_URL}
  • コミットしたファイルをpushする(リモートリポジトリにアップロードする)
git push {remoteRep_name} {branch_name}
  • リモートリポジトリの内容をpullする(ダウンロードする)
git pull {remoteRep_name} {branch_name}

2. 最低限のgitの活用

  • リポジトリをクローンする(コピーする)
$ git clone {remoteRep_name}
  • どのファイルが変更されているかの確認(git addの前に確認)
$ git status
  • どのファイルのどこが変更されているかの確認(git addの前に確認)
$ git diff
  • 過去のcommit履歴を確認
$ git log
# -p: どこを変更したのかも見る

参考