Posted at

Railsの備忘録

More than 1 year has passed since last update.

Ruby On Railsを使ったアプリケーションの立ち上げについて学んだので、備忘録として記録しておきたいと思います。


アプリケーションを作成

rails new アプリ名


コントローラを作成

rails generate controller コントローラ名 アクション名1 アクション名2..

※同時に、アクションに対応したviewファイルの作成やルーティングの設定もされる。


サーバーを起動して、ブラウザで表示させる

rails server

※終了時は ctrl+c でサーバーを終了させておく


新しいページ(about)を追加する場合

1.ルーティングを追加


route.rb

get"about" => "home#about"

#aboutというURLに、homeコントローラのaboutというアクションを対応させている。


2.コントローラにアクションを追加


home_controller.rb

def about

end

#homeコントローラにaboutというアクション(aboutというHTMLファイルを探し出してブラウザに返す役割)を追加している。


3.ページのビューを追加


about.html.erb

#views/homeに、about.html.erbというHTMLファイルを作成



データベースとモデルを用意

1.マイグレーションファイル(データベースに変更を指示するためのファイル)を作成

rails g model モデル名 カラム名:データ名

#モデル名はキャメルケース

2.マイグレーションの実行(実際に変更を反映し、テーブルを作成するコマンド)

rails db:migrate

※開発環境ではなく、本番環境で実行する場合は、環境を明示する必要がある

3.モデルがApplicationRecordを継承しているか確認


models/モデル名.rb

Class モデル名 < ApplicationRecord