Ubuntu
Syncthing

Ubuntu で Syncthing を使えるようになるまで

検証環境

$ cat /etc/lsb-release 
DISTRIB_ID=Ubuntu
DISTRIB_RELEASE=16.04
DISTRIB_CODENAME=xenial
DISTRIB_DESCRIPTION="Ubuntu 16.04.2 LTS"

インストール

公式の Debian/Ubuntu Packages の手順に沿って下記のコマンドを実行。

$ curl -s https://syncthing.net/release-key.txt | sudo apt-key add -
$ echo "deb https://apt.syncthing.net/ syncthing stable" | sudo tee /etc/apt/sources.list.d/syncthing.list
$ sudo apt update && sudo apt install -y syncthing

ターミナルで syncthing コマンドを実行して起動できれば OK 。

スタートアップの設定

Dash で「自動起動」と検索して「自動起動するアプリケーション」を開く。
自動起動するアプリケーションを下記の通り入力して追加。

コマンド

syncthing の場所 -no-browser -home="/home/アカウント名/.config/syncthing"
syncthing の場所はターミナルで $ which syncthing とすれば表示される。

これでログイン時に Syncthing が起動するようになる。

ブラウザで「127.0.0.1:8384」にアクセスすると Web UI が表示されます。
(アドレスは ~/.config/syncthing/config.xmlconfigulation > gui > address に記載)