JavaScript
Chrome
google
初心者

【最新サービス試用③】快適なChrome生活を過ごすために「QuickTabSwitch」を試用。


  • 日々輩出される素晴らしき最新サービスを素早く試して、不鮮明な先見性を堂々と誇示する記事第三弾。

  • オープンソースが産み出した最強の利点である「素晴らしきサービスの中身が見れて、勉強になる」ことを、決して活かさず、試用を夜な夜な繰り返している技術者もどき。

  • 「中身が非常に素晴らしい技術で溢れていることは、信頼しているから。」という典型的な稚拙な言い訳に、我ながら感慨深い。

  • 今回は、タブ大量表示人の私にとって、快適なChrome生活がおくれる「QuickTabSwitch」を試用していこう。


試用サービス名


QuickTabSwitch


概要


  • 大量のタブをショートカットで、一覧表示してくれる。

  • 対応キーを押すだけで、そのページに飛んでくれる。

  • JavaScript製のプロジェクト


結果

test.png


基本手順


1. Chrome拡張機能として追加


  • こちらのURLにアクセス

    image.png


  • 「Chromeに追加」ボタンで追加する。


  • 完了。



2. 表示確認


  • 大量のタブを開く。

    →少なすぎると効果があまりないので、10個以上出す。

  • ショートカットキー「Ctrl(command) + Shif + X」で一覧が出るか確認。

  • 表示後、各ページの左側についている対応キーを押下してきちんと遷移するか確認。

  • 完了。

    ※一覧をクリックしても遷移はしない。対応キー押下のみ。

test.png


まとめ


  • 今回は快適なchrome拡張機能ということで、これまでにも多くの便利なタブ管理拡張機能が出てきており、大量表示一族は精力的に拡大していると感じながら、記事を書く。

  • タブをファイルとして保存したり、名前をコピーしたりということはできないが、「単純こそ真の至宝である」という数多くの経験をしてきた人が立つ境地の考えを、子供より経験未熟な私が声高々に語る。

  • どんなことがあってもこれだけは忘れない「開発者への礼拝」を、目に余裕で止まる速さで遂行し、また次の調査に戻る。


参考