google
サービス
比較
初心者
調査

【目的無しの泥臭調査②】Google終了サービスの概要や経緯を、ただ把握したい。

・ふと気になったことを、淡々と赴くままに調査していく、この上ない自己満足記事第二弾。

・「この地道調査の自己高揚感を更に供給しなさい」と、脳内恫喝指令がおりたので、今後も継続。

・二回目は、去年GIGAZINEで見た記事を、自分なりに整理してみよう。


Google終了サービス情報表

Google終了サービス
概要
期間
終了原因
同様サービス

Google+
SNS
2011∼2019
・利用率の低下
・ソフトウェア障害

Facebook
Twitter
Instagram

goo.gl
URL短縮サービス
2009∼2018
・Firebase Dynamic Linkへの移行

Firebase Dynamic Link
Bitly
Ow.ly

Google Spaces
グループ共有サービス
2016∼2017
・発表無し

Facebook
Slack

Google Talk
メッセンジャーサービス
2005∼2017
・Googleハングアウトへの移行

Googleハングアウト
Slack

Project Ara
組立型スマートフォン
2014∼2016
・製造コスト等の問題による開発の難航
不明

Panoramio
写真共有サイト
2005∼2016
・Google Map Viewへの移行
Google Map View

Google Code
プロジェクトホスティングサービス
2006∼2016
・優れた同様サービスの登場
・スパムや不正利用の温床
GitHub

Picasa
写真管理サービス
2002∼2016
・Googleフォトとの統合

Googleフォト
OneDrive
Amazon Prime Photo

Google Moderator
質疑応答サービス
2008∼2015
・サービス利用率の低さ

Reddit
Peing

Helpouts by Google
個人レッスンサービス
2013∼2015
・予想に反する成長度の低調
CafeTalk

Google Catalogs
デジタルカタログ
2011∼2015
・普及率の伸び悩み
ebook5

Orkut
SNS
2004∼2014
・優れた同様サービスの登場

Facebook
Twitter

Building Maker
3Dモデル構築サービス
2009∼2013
・技術発展による制作の自動化
SketchUp

Google Latitude
位置情報共有サービス
2009∼2013
・GoogleMapへの組み込み
Foursquare

Google Checkout
決済代行サービス
2006∼2013
・GoogleWaletへの統合

Google Pay
Apple Pay

iGoogle
カスタマイズホームページサービス
2005∼2013
・ウェブの劇的な進化
・必要性の衰退
iChrome

Google Reader
RSS
2005∼2013
・他サービスへの注力

Feedly
Inoreader

Sparrow
メールアプリ
2011∼2012
・Inboxへの注力

Gmail
Outlook

Code Search
ソースコード検索サービス
2006∼2012
・収益化の困難
Sourcegraph

Urchin
アクセス解析ソフトウェア
2005∼2012
・Google Analyticsへの移行

Google Analytics
Adobe Analytics

Google Jaiku
ミニブログサービス
2007∼2012
・優秀な同様サービスの成長
Twitter

Picnik
写真編集サービス
2010∼2012
・Google+への移行
PIXLR EDITOR

Knol
知識共有サービス
2008∼2012
・他サービスへの継承
Wikipedia

Google Health
健康管理サービス
2008∼2012
・予想に反する成長度の低調

Google Fit
Appleヘルスケア

Google Video
動画配信サービス
2005∼2012
・Youtubeへの移行

Youtube
Facebook

Google Wave
リアルタイムコミュニケーションサービス
2010∼2012
・利用者の伸び悩み

Slack
Teams

Google Fast Flip
記事閲覧サービス
2009∼2011
・発表無し

Googleニュース
SmartNews

Sidewiki
ページコメント機能
2009∼2011
・優秀な同様機能の登場
多数

Google Desktop
デスクトップ検索サービス
2004∼2011
・保存技術の進化による、当初の目的の達成
E START デスクトップバー

Google Labs
実験サービス公開サイト
2006∼2011
・他製品への集中
既存サービスへの統合
例 : Gmail Labs

Google Dictionary
辞書サービス
2010∼2011
・Googleウェブ検索への移行

Googleウェブ検索
Chrome拡張「Google Dictionary

Aardvark
検索・質問サービス
2008∼2011
・Google+への注力

Quora
Yahoo知恵袋

Google Notebook
ドキュメント編集サービス
2006∼2011
・Googleドキュメントへの移行

Googleドキュメント
EverNote

Google Buzz
SNS
2010∼2011
・Google+への注力

Facebook
Twitter

Goolge Gears
ブラウザ拡張機能
2007∼2010
・HTML5への移行

HTML5

GOOG-411
音声認識サービス
2007∼2010
・次世代音声認識サービスへの開発注力

Cloud Speech-to-Text
Speech Services

SearchWiki
検索カスタマイズサービス
2008∼2010
・Googleスター機能への置き換え
Googleスター機能

Ride Finder
タクシー検索サービス
2007∼2009
・普及率の低下

Uber
Lyft

Audio Ads
ラジオ広告システム
2007∼2009
・発表無し
多数

Web Accelerator
アクセス高速化ツール
2005∼2008
・最大キャパシティの到達

Cloud Frare
Akamai

Page Creator
webページ作成サービス
2008∼2009
・Google Sitesへの移行

Google Sites
WordPress

Lively
3D仮想世界サービス
2008∼2008
・成果不足
Second Life

Dodgeball
SNS
2005∼2007
・利用率の低下

Twitter
Facebook

Google Answers
Q&Aサービス
2002∼2006
・より新しい方法での探求

Quora
Yahoo知恵袋


まとめ


  • 今回はGoogle終了サービス調査ということで、「小学生前に終了したものもあるな」と、思い出浸りに傾倒しながら、記事を書く。

  • ともあれ、この大方の存在を認識していなかった無知の私は、この壮大かつ潤い供給物語に、またもや顔面ずぶ濡れ状態。

  • 疲労満杯作業だったが、「自分用に見やすく」という他人野放し記述法のおかげで、作ってよかったと実感。

  • これを見てくださるエンジニアの皆様、「おい、あれを忘れているではないか。」「この情報間違ってるのに、よくも堂々と載せれたものだな」等の意見を何卒お待ちしております。


参考