Edited at

gitの現在のブランチ名をチェックするbashシェルスクリプトのサンプル


概要

目標のリポジトリのパスでgitコマンドを叩いて、

そこからブランチ名をチェックするシェルスクリプトのサンプルです。


目的

ソースコードを自動的にデプロイ、コミットするときの

事故防止のためのブランチ名チェックや

gitHubでmasterをロックできないけど自衛したい場合などに。


使い方

REPOSITORY_PATHCHECK_BRANCH_NAMEを書き換えて、

サーバーの任意の場所に設置し、実行可能パーミッション( 755 など)にし、

実行してください。

他のシェルスクリプトに組み込む場合などはお好みで書き換えてください。


サンプルコード


checkBranchName.sh

#!/bin/bash

# config
REPOSITORY_PATH=${HOME}'/hoge'
CHECK_BRANCH_NAME='master'

# change dir, if not found then exit
cd ${REPOSITORY_PATH}||exit

# get current branch name
branch=`git rev-parse --abbrev-ref HEAD`||exit

# check branch name
if [ ${branch} = ${CHECK_BRANCH_NAME} ]; then
echo "[NG] current branch \"${branch}\" is \"${CHECK_BRANCH_NAME}\""
exit
else
echo "[OK] current branch \"${branch}\" is not \"${CHECK_BRANCH_NAME}\""
fi



参考