Edited at

GIMPでTypeKitから「源ノ明朝」「源ノ角ゴシック」を使う方法

More than 1 year has passed since last update.

GoogleとAdobeが提供しているフリーでオープンソースで、

高品質なフォント「Source Han Serif 源ノ明朝」及び「源ノ角ゴシック」をAdobe Typekit経由で、GIMPで使用する方法を解説いたします。


Typekit側の用意



  • Typekitへ移動

  • Adobeのアカウントを作成

  • Typekitのフォントライブラリへ移動

  • 「ライブラリ全体」を選択

  • デフォルト/日本語 で日本語を選択

  • 右のメニューからゴシックあるいは明朝を選択。

  • 源ノ明朝等が表示されるので目標のフォントを選択。

  • 移動先のページで、すべて同期あるいは、同期するフォントを選択


AdobeCreativeCloudの用意



  • AdobeCreativeCloudをインストール

  • インストールして起動後、ログインし同期の完了を待ちます。

尚、Windows10等では、

TypeKitで同期したフォントの実体は、

AdobeCreativeCloudの設定の下記に同期されます。

%APPDATA%\Adobe\CoreSync\plugins\livetype\r

上記のパスをエクスプローラなどにコピペして開くと、

現在のユーザでのパスが表示されます。


  • 例:

C:\Users\******\AppData\Roaming\Adobe\CoreSync\plugins\livetype\r


GIMP側の設定

※GIMPを日本語化している前提で解説します。


  • GIMPのメニューから「編集」を開きます。

  • 「設定」→「フォルダー」→「フォント」にてフォントフォルダの設定を開きます。

  • 上記のパスを追加します。

すると、すぐに使用できるようになります。