Vagrantのboxに少しだけ手を加えたものをboxとして取っておきたい

  • 358
    いいね
  • 2
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

こんにちは。

自前でvagrantのboxを作る際には、変な設定が入らないようにとりあえず何も入れずに作ると思うのですが、検証作業が始まると最初から入っているべき設定が入っているほうが楽なことがよくあります。(例えば管理ユーザを事前に作成しておきたい場合など。毎回同じコマンドを打つのは面倒ですよね。)

vagrantには今のインスタンスの状態をboxにするpackageコマンドがあるので、これを使ってカスタマイズ済みのboxを登録しておくと作業が捗ります。

vagrant package

# debian(仮のbox名)でVagrantfileを作る
vagrant init debian
vagrant up

# sshして適当に作業をする
vagrant ssh

# sshを抜ける
# 停止する
vagrant halt

# 今の状態でpackage.boxを作成する
vagrant package

vagrant box add

vagrant box add customized_debian package.box

このように作成されたboxを追加すれば、同じようにvagrant init [box名]に使うことができます。超お手軽。

vagrant init customized_debian
vagrant up