Help us understand the problem. What is going on with this article?

第1回 Swift LT会

More than 5 years have passed since last update.

Official

taketo1024「Swift がいまいちイケてない10のコト」

  • SlideShare
  • お題通りの話
  • public, privateがない・・・近いうちに実装されるらしい
  • class-varがない
  • optional-bindingがイマイチ
  • func / init / methodでのnamed-parameterの違い
    • デフォルトパラメータの順番が不順出来ない
  • UIKit bindingが中途半端
  • letなArrayはimmutableじゃない(配列だけ例外)
  • ArrayはStructじゃない(参照元配列に要素を追加するとコピーされる)
  • performSelectorがひと通り使えない
  • KVOがない
  • C++が使えない

suwa yuki「Swift本ができるまで」

  • プレゼン資料
  • 先取りSwiftの本を出すまでの経緯の話
  • 「先取りSwift」の本の紹介(重要な部分を抜粋)
    • 関数オブジェクト(クロージャーとか)
    • パターンマッチ(switch文とか)
    • Optional(引数のint?とか、戻り値のint?とか)
    • シンタックスシュガーがたくさんある

@yuseinishiyama「Swift中級編」

dsgarage 無題

  • プレゼン資料
  • 自己紹介
  • SwiftとUnityの関係
    • Unity5からMETALを操作(ブリッジファイルが必要)

okazaki_yuta「Railsしかやってない人が 10時間でSwift iOSゲームをつくったら」

  • プレゼン資料
  • 第1の壁「SwiftよりSprite Kitの理解(PhysicsBoby)」
    • Swift FlappyBird Cloneを参考にした
  • 第2の壁「型の理解」
  • 第3の壁「継承」

@himara2 Swift Playground 入門

  • XCode6に新しく付いたPlaygroundの紹介
    • 気軽に試しながらswiftを実行出来るツール
    • フィードバックがすぐ見えて楽しい
    • UIButtonなどのイベント処理が出来ない
    • Swiftガイドツアー

@yimajo

  • SlideShare
  • Qiita
  • optional-bindingの実践的なコードの書き方の説明
    • QiitaAPIのClientAPIで説明
mercari
フリマアプリ「メルカリ」を、グローバルで開発しています。
https://tech.mercari.com/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした