Ubuntu
VirtualBox

VirtualBox×Ubuntu ファイル形式変更や文字化け、日本語キーボード対応

言い訳

 仕事で、相手先からvmdk形式のUbuntuを渡された。

 それをVirtualBoxで稼働させるというのが第一使命だったが、初めてやったらvdi形式への変換やら、
 文字化け直したりだとか、日本語キーボードへ対応させたりだとかがかなり苦労した。

もう苦労したくない。だからここに残そう。(決意

ここにはこんなことを記載しているよ

 ①VirtualBoxを使い、vmdk形式のファイルをvdi形式のファイルへ変換する方法。
 ②文字化けを直す方法。
 ③英語キーボードを日本語キーボードへ変更する方法。

環境

 ・Ubuntu 14.04.5 LTS
 ・VirtualBox 5.2.0
 (あと一応、Windows 8.1。つまり、Windows 8.1のパソコンにVirtualBoxを入れて、
 そのうえでUbuntuを稼働させる。)

設定

■VirtualBoxを使い、vmdk形式のファイルをvdi形式へ変換

 ①Windowsのコマンドプロンプトを起動する。
 ②以下のコマンドを実行。

  VBoxManage.exe clonehd --format [vmdkファイルのパス] [vdiファイルを出力したい場所のパス]

 上記では、"VBoxManage.exe"から簡単に短く記載したが、コマンドを実行するためには
 exeがあるフォルダへ移動するか、もしくはexeがあるフォルダをパスで記載してあげる必要がある。

 このため、以下の環境を例とした場合、コマンドはこれだけ長くなる。
 (自身の環境に合わせて適宜変更してください。)

 環境例:
  ・VirtualBoxインストール先
   C:\Program Files\Oracle\VirtualBox

  ・vmdkのファイル名
   Ubuntu.vmdk

  ・vmdkファイルがある場所のパス
   C:\Users\admin\Desktop\HOGE\Ubuntu.vmdk

  ・vdiファイルを出力したい場所のパス
   C:\Users\admin\Desktop\Ubuntu.vdi

 入力するコマンド:

  "C:\Program Files\Oracle\VirtualBox\VBoxManage.exe" clonehd --format "C:\Users\admin\Desktop\HOGE\Ubuntu.vmdk" "C:\Users\admin\Desktop\Ubuntu.vdi"

 これで画面上に進捗率が表示され、進捗率が100%になったら自動的にvdi形式のファイルが
 デスクトップ上へ排出される。

■文字化けを直す

 理由は調べたけど忘れてしまったので記載しないが、"♦"マークに文字化けていろいろ読めない。困る。

 このため、以下の手順にて文字化けを修正する。
 
 なお、直すためには文字入力が必要となるため、英語キーボード状態の場合は、
 先に日本語キーボードへと変更したくなるが、日本語キーボードへ変更するための画面が
 文字化けして読めないという困った状態となるため、先にしぶしぶ英語キーボードを使い、
 文字化けを直す。

 英語キーボード状態で入力が思うようにいかない人は、以下のリンク先を参考に作業すると良いかも。
 http://www.nagasaki-gaigo.ac.jp/toguchi/pc/multilingual/keyboard_us_jis.htm

 ①ホームディレクトリ下部にある".bashrc"ファイルを"vi"コマンド等で開く。

  [root@localhost ~]# vi .bashrc

 ②開いた編集画面の一番下に以下を追記する。

 case $TERM in
    linux) LANG=C ;;
    *) LANG=ja.UTF-8 ;;
 esac

 ③編集後、以下のコマンドを実行する。

  [root@localhost ~]# source .bashrc

 これで文字化けが直る。

■英語キーボードを日本語キーボードへ変更する

 ①以下のコマンドを実行する

  [root@localhost ~]# dpkg-reconfigure keyboard-configuration

 ②コマンド入力ではなく、キーボードの↑↓で操作できるような画面が出てきたら、
 その一覧より自分が使っているタイプのキーボードを選択する。

 ※私は自分が使っているものが無かったので、"DELL"を選択。以降の選択肢は"DELL"を
  選んだ際のものを記載。

  DELL → Japanese → Japanese (OADG 109A) → The default for the keyboard layout → No compose key

 ③上記をすべて選択後、自動的に設定が反映され通常のコマンドラインの画面が表示される。

 これでキーボードの日本語化完了。

あとがき

世の中知らないことがいっぱいですね・・・。