Help us understand the problem. What is going on with this article?

CentOS7自分がよく使うコマンド一覧

More than 3 years have passed since last update.

言い訳

CentOS7になり、コマンドが大幅に変わってしまいよくわからない・・・。
だからCentOS7で使えるコマンドを残しておこう!

・・・・と、最初はそう思ってたものが、気が付いたらCentOS6以前でも
使えるコマンドも多々記載してしまったページ。

※以下はすべてroot権限にて実施したもの。

バージョン関係

■CentOSのバージョン確認

  [root@localhost ~]# cat /etc/redhat-release

■64bitか32bitかを確認

  [root@localhost ~]# arch

  結果で、"x86_64"と表示されたら64bit、"i686"と表示されたら32bit。

■カーネルのバージョン確認

  [root@localhost ~]# cat /proc/version
  もしくは
  [root@localhost ~]# uname -r

■Apacheのバージョン確認

  [root@localhost ~]# httpd -v

■Squidのバージョン確認

  [root@localhost ~]# squid -v

■BINDのバージョン確認

  [root@localhost ~]# named -v

■NTPのバージョン確認

  [root@localhost ~]# ntpd --version

■MySQLのバージョン確認

  [root@localhost ~]# mysql --version

ネットワーク関係

■ネットワークインターフェース情報の確認

  [root@localhost ~]# ip address show
  もしくは
  [root@localhost ~]# ifconfig

  "ifconfig"が無くなったから"ip address show"で見るとどっかで聞いた気も
  するけど、なんか自分のCentOS7では利用できた。

■ルーティングテーブル確認

  [root@localhost ~]# ip route

サービス関係

■(自サーバの)空いているポートやサービス名を確認

  [root@localhost ~]# netstat -ntplud

■インストール済パッケージの確認

  [root@localhost ~]# yum list installed
  もしくは
  [root@localhost ~]# rpm -qa | grep (サービス名)

■サービスの開始、停止、再起動、ステータス確認

  "httpd"を例に以下記載。

  起動
  [root@localhost ~]# systemctl start httpd.service

  停止
  [root@localhost ~]# systemctl stop httpd.service

  再起動
  [root@localhost ~]# systemctl restart httpd.service

  ステータス確認
  [root@localhost ~]# systemctl status httpd.service

■自動起動が設定されているサービスの確認

  [root@localhost ~]# systemctl list-unit-files -t service

  出てきた結果は、

   ・enabled :自動起動設定が有効
   ・disabled:自動起動設定が無効
   ・static :他のサービスに依存。単体では自動起動設定ができない。

  となる。

■自動起動の有効化/無効化

  "httpd"を例に以下に記載。

  自動起動の有効化
  [root@localhost ~]# systemctl enable httpd.service

  自動起動の無効化
  [root@localhost ~]# systemctl disable httpd.service

日時関係

■設定されている現在時刻の確認

  [root@localhost ~]# date

■時刻の手動設定 ※例:2017年11月6日 15時17分

  [root@localhost ~]# date 110615172017

■タイムゾーン確認

  [root@localhost ~]# timedatectl
  Local time   : 設定しているタイムゾーンとその時刻
  Universal time : 協定世界
  RTC time    : コンピュータに内蔵されている時計の時刻

viコマンド関係

■コマンドモード

  gg : 先頭行に移動
  G  : 最終行に移動
  10G : 10行目に移動

  H  : いま見えている画面の一番上の行へ移動
  M  : いま見えている画面の真ん中の行へ移動
  L  : いま見えている画面の一番下の行へ移動

  /(キーワード) : (キーワード)を検索 ※順方向
  ?(キーワード) : (キーワード) を検索 ※逆方向
  n       : (キーワード)に合致する次の文字を検索 ※順方向
  N       : (キーワード)に合致する次の文字を検索 ※逆方向

  x  : 1文字削除
  dd : 1行削除
  3dd : 3行削除 ※数字は任意

  :q! : 変更内容を破棄してviを抜ける
  :wq!: 変更内容を保存してviを抜ける

  a  : 入力モードへ移行
  

■入力モード

  "escキー" : コマンドモードへ移行

ユーザ関係

■ユーザ追加

  [root@localhost ~]# useradd (ユーザ名)

■ユーザパスワード変更

  [root@localhost ~]# passwd (ユーザ名)

以上

t-morisoba
自分が忘れないため、今後、流用できるためのメモとして利用。 他の誰の役にも立たないどころか、邪魔となる可能性もあるかも。すまぬぬぬです。
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away