ラズパイ3 + Windows10 IoT Core + IGZO 7インチLCDパネルでLandscape表示をするコンフィグ。

  • 5
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

はじめに

秋月電子などで売っている 「SHARP IGZO 7インチLCDパネル (これです)」と、下記の組み合わせで、
横向きの表示(Landscape)をする設定方法(config.txt)です。
情報が見つからずめっちゃ困ったので、メモしておきます。

  • Raspberry Pi 3 Model B
  • Windows10 IoT Core

SDカードのルートディレクトリにある、config.txtの中身を書き換えて設定します。
なお、デフォルトのままだと全く何も表示されません(´・ω・`)

config.txtの記載内容

下記のようにしたらLandscape表示できました(∩´∀`)∩
注意しなければいけないのは、gpu_mem をデフォルトの32から64に変更する必要がある点です。

#
# Boot
#
init_uart_clock=16000000    # Set UART clock to 16Mhz
kernel_old=1                # Load kernel.img at physical memory address 0x0
safe_mode_gpio=8            # A temp firmware limitation workaround
max_usb_current=1           # Enable maximum usb current

#
# Memory
#
gpu_mem=64                  # Set VC to 32MB, ARM DRAM to (1008-32)MB
hdmi_force_hotplug=1        # Enable HDMI display even if it is not connected (640x480)

#
# Overclocking
#
core_freq=250               # Frequency of GPU processor core in MHz

#
# Video
#
framebuffer_ignore_alpha=1  # Ignore the alpha channel for Windows.
framebuffer_swap=1          # Set the frame buffer to be Windows BGR compatible.
disable_overscan=1          # Disable overscan
hdmi_group=2                # Use VESA Display Mode Timing over CEA
#hdmi_cvt 800 480 60 6 0 0 0 # Add custom 800x480 resolution (group 2 mode 87)

hdmi_pixel_freq_limit=200000000
hdmi_timings=1200 0 164 8 32 1920 0 12 2 6 0 0 0 60 0 163430000 0
hdmi_drive=2
disable_overscan=1
max_framebuffer_width=1920
max_framebuffer_height=1920

display_rotate=3
framebuffer_width=1920
framebuffer_height=1200

hdmi_group=2
hdmi_mode=87