Visual Studioのパッケージキャッシュを無効にしてディスク領域を節約する

概要

Visual Studioは、インストール時にダウンロードしたパッケージを
キャッシュとして保存する仕様のようです。

特に、AndroidのエミュレータをVisual Studio Installer経由でインストールすると、
数GByteあるエミュレータのイメージファイルまで、キャッシュとして保存してしまうため、
めっちゃ無駄な容量を食ってしまいます(´・ω・`)

ということで、このパッケージキャッシュを無効にしたいと思います。

パッケージキャッシュの無効化

  • 下記のコマンドをコマンドプロントで実行すると無効化できます。
"%ProgramFiles(x86)%\Microsoft Visual Studio\Installer\vs_installer.exe" --nocache
  • 既にVisual Studioをインストールしている場合、上記のコマンドを実行後に、
    Visual Studio Installerから、"変更" を実行すれば、既にキャッシュされたパッケージが削除されます。
    ※変更を実行する際は、特にコンポーネントの追加や削除を行う必要はありません。
    ※修復などでもパッケージが削除されますが、一番手っ取り早いのは、何も変更しない"変更"の実行だと思います。

注意事項

  • Visual Studio 2017でしか動作確認をしていません。
  • パッケージキャッシュは、Visual Studioの修復などで使われるために存在しているので、
    ディスクに余裕があれば、無効にしない方が良いかと思います。

参考

パッケージ キャッシュの無効化または移動 | Microsoft Docs