Help us understand the problem. What is going on with this user?
@t-ae
Organizations
Comments
読みましたがこれはアンチパターンではないと思います。 あるIDの行をアップデートするAPI型があった場合を考えてみましょう。DB上でIDに整数型を採用しているという前提では、API型のIDも整数型でな...
> ちなみに残クレジットバランスの確認方法はわかりませんでした。(あったら教えてください) 結構前の記事ですが自分も探してる途中にこの記事に着いたので…… RDSの画面のメトリクスではなく、Clou...
@saitosasaki 誤字修正ありがとうございます。 [誤字](/t-ae/items/6279318952ea7a0fccbb/patches/86500) by [saitosasaki](...
[関数を呼び出したい](https://qiita.com/Yaruki00/items/3afb8082f6bff0a9fe90#%E9%96%A2%E6%95%B0%E3%82%92%E5%91%...
Swift5.1からです。 https://github.com/apple/swift-evolution/blob/master/proposals/0255-omit-return.md
気になったので修正を加えた以下のコードで試してみましたがそれっぽい現象は再現しませんでした。 `setup`の呼び出しタイミングなどの差異はあるかもしれませんがどのようなコードだったのでしょうか? ...
`allCases`の型は`CaseIterable.AllCases: Collection where Self == Self.AllCases.Element`なので`Array`についてはキ...
実装を見たところ1x1 Convolutionの間には非線形変換が入っていないようですね。 1x1 Convolutionはピクセル単位の線形変換なので、`nn.Conv2d(3,6,1) nn.Co...
> // カラーコード struct ColorCode { // ←⭐️ここ static let mainGreenColor: String = "#219...
```swift let a = "a".attribute() let b = "b".attribute() print(a+b) // ab print(a) // ab ``` `+`演算子...
1〜2000の一様分布から2000回取りだした結果としては偏っていないと思います。 2000回の試行である一個の要素が選択されない確率は $(\frac{1999}{2000})^{2000} \a...
[少し速さを気にする方法](https://qiita.com/shou8/items/fb1ef9e738f637726c76#%E5%B0%91%E3%81%97%E9%80%9F%E3%81%9...
```swift print(string, string!) // Optional("{\"date\":\"[aaa\\/bbb]\"}") {"date":"[aaa\/bbb]"} ``` ...
`BinaryInteger`なら`signum`というメソッドがあります。 https://developer.apple.com/documentation/swift/binaryinteger...
`tensor.data`より`tensor.detach()`を使う方が良いみたいです。 https://qiita.com/vintersnow/items/91545c27e2003f62ebc...
Swiftの部で参加します🙋‍♀️ ```swift func binarySearch(array: [Int], target: Int) -> Int { guard !array....
より短く、こうも書けるようです。 ```swift do { if try hoge() || fuga() { // 処理 } } catch {} ```
コード及び出力の全文が無いのでなんとも言えませんが、 [レイヤーをもう一度追加](https://qiita.com/neptunium/items/a3a4e111c4049a6e1acf#%E3%...
CC0を設定しましたのでご自由にお使いください。
`if meal == Meal.none {`や`if meal == .some(.none) {`で判定してはどうでしょうか? 特に後者は型にしっかり対応しており良いと思います。
もっと言うとSwift4.2では`Collection.randomElement() -> Element?`が追加されるので以下で取得できます。 ```swift nameArray.rando...
この方法だとシャッフルの結果に偏りが出てしまいます。 要素数`n`の配列に対してこのアルゴリズムでは`n^n`の分岐(結果の重複がある)が等しい確率で発生します。 一方順列の層数は`n!`なので、`n...
@lovee それをやるなら`#file`と`#line`を渡さないと失敗箇所がめちゃくちゃになるのでご注意を。 ```swift func XCTAssertEqual(_ lhs: User,...
[最初に試してダメだったやつ](https://qiita.com/tantakan/items/4c0421c25fab30fae28e#%E6%9C%80%E5%88%9D%E3%81%AB%E8...
固めるのだけが目的で、基準とする要素が`Comparable`ならソートするのが簡単です。 ```swift print(bar.sorted { a, b in a.str < b.str }.m...
`sequence`を使ったことがなかったので調べてみた所これ自体がステートを保持できるみたいですね。 記事中のコードだと`sequence`のステートを使わずに別途ステートを持っているので以下のよう...
そういえばグライダーでしたね。 言いたかったのは `Undefined -> エデンの園配置` のアルゴリズムになっていないのではないかという話でした。
```python solve("""\ .## #.. ###""".splitlines()) # > Undefined ``` 正しい定義等は知らないですが上はエデンの園配置じゃないと思いま...
長らくメンテしてなかったので動くようにしつつreadmeを追記しました。 https://github.com/t-ae/ImageTrimmer#run
`UnsafeMutablePointer`を扱わなくていい以下の方式が一般には良いのではないかと思います。 ```swift var foo = Foo() setFoo(&foo) ```
> 何かを閉じる・終わらす一連のイベントのようです。 これだとコールバックの説明のようですね。 語の説明は以下の記事が正しいと思います。 http://qiita.com/mochizukikot...
@TomokIshii 6300エポックで2日弱くらい回していました。 もとのサンプルが少ないためバッチサイズ16で1エポック81ステップと短めなので、MNISTや他のデータセットを使った実験とは大...
シェーカーソートも前端後端は縮めて行きますね。 あと可視化だとバイトニックソートやストゥージソートが面白くておすすめです。
クロージャ二重化は不要ですね。 ```swift let string: String = { switch num { case 0: let str1 = "Hellow" let ...
見た感じ入力画像のスケーリングがされていないようですが外でやっているのでしょうか? `cifar10.load_data`で読み込まれた時点では[0, 255]の範囲になっています。 あと深いモデル...
SeLUについては他の種々の手法と合わせてNormalizationを行えるということが重要なはずなので、単体での使用はあまり意味が無い気がします。 Kerasのプルリク内でいろいろ試されてて面白いで...
`zip`を使えば良いのでは? https://developer.apple.com/documentation/swift/1541125-zip
前提が書かれていないだけだと思いますけど`sum`や`len(x[x < th])`で取得できるのは`x`がソートされている場合だけですね。
> また、 Containerの内包する全てのLayerにtrainableを設定する必要はない というのもポイントです。 去年頃におなじこと試した時は(`Container`じゃなくて`Seque...
> 上の書き方はSonnetの独特な書き方ですね。 何と比較して独特なのか分かりませんがKerasでも同じような書き方ができますね。 使ってる人全然見ないんですが……。
  • 1 / 2
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした