Kotlin

Kotlinのwhen式が便利

when式とは?

when式とは、javaやPHPにおけるswitch文を強化したようなものです。

Javaのswitch文とKotlinのwhen式比較

Java

int number = 1;

switch (number) {
    case 1:
      System.out.println("one");
      break;
    case 2:
      System.out.println("two");
      break;
    case 3:
      System.out.println("three");
      break;
    default:
      System.out.println("unknown")
}

Kotlin

val number = 1

when (number) {
    1 -> println("one")
    2 -> println("two")
    3 -> println("three")
    else -> {
        println("unknown")
    }
}

見ての通りKotlinの方がシンプルで書きやすいのがわかると思います。
また、いちいちbreak文を書かなくていいので楽なのがわかります。

when式の説明

  1. switch が whenになる
  2. cose: が -> になる
  3. default が esleになる
  4. break文を入れなくてよくなった