Posted at

bowerのdependenciesのインストール先を指定する

More than 5 years have passed since last update.


はじめに

 bower便利だけどデフォルトではdependenciesのインストール先がbowerを実行した直下のcomponents/内にインストールされます。Node.js+Expressなどでbowerを作る場合component.jsonをpublicディレクトリなどに置く事になり、package.jsonなどと位置が異なってセットアップが面倒になります。そこで.bowerrcでインストール先の情報などを設定する事が出来ます。


.bowerrcを作る

 bowerを実行するディレクトリに.bowerrcを置いておけば、記述した設定が反映されます。


JSON

{

"directory": "public/components",
"json": "bower.json"
}

 "directory"はdependenciesのインストール先を指定します。"json"はbowerの設定ファイルの名称を設定出来ます。デフォは"component.json"ですが上記ではbower.jsonに設定を書くと宣言してます。


おわりに

 .bowerrcのその他の設定についてはbower configurationを見て下さい。