Edited at

ConoHaを使ってCentOS 7.2でMinecraftサーバーを立てる

More than 3 years have passed since last update.


はじめに

友人に頼まれてMinecraftサーバーを立てることがたまにあるので、メモとしてまとめておきます。

これが正しいやり方というわけではなく、こういうやり方もあるという前提で見ていただけると助かります。

Linuxをあんまり触ったことがない人でも分かるように書くつもりですが、分からなかったらググってなんとかしてください!


ConoHaとは

ひと月900円から使えるVPSサービスです。


特長 -【ConoHa】

https://www.conoha.jp/conoha/features



なぜConoHaなのか


  • このは可愛い

  • 安い

以上。

ConoHaの可愛さは以下にアクセスするか、


ConoHa - スマート&パワフルなクラウドの新提案。ひと月900円から。

https://www.conoha.jp/conoha


言語設定をこのはにすると、きっと分かります。


必要なもの


ConoHaでサーバーを作る


  1. 左のメニューから、サーバー追加ボタンを押す



  2. プランとイメージを決める

    だいたいこんな感じで。

    メモリに関しては、少人数でプレイするなら1GBで充分だとは思いますが、人数が多くなってくると1GBだと重いかもしれません。

    VPSを一度停止すればプランの変更は可能なので、重く感じたらプランを変更するというのもアリだと思います。

    rootパスワードはサーバーに入るときに必要になるので、任意のパスワードを入れておいてください。



  3. オプションを決める

    接続許可ポートは「すべて許可」にしないとTCP以外通らなくなってしまうので、「すべて許可」にしておきます。

    SSH Keyはsshで接続するのであればここで作成しておくと便利ですが、今回の説明では使わないので「使用しない」にしておきます。



  4. サーバーを追加する

    値段などこれで良ければ、「追加」ボタンを押します。



  5. サーバーが正常に作成されているか確認する

    追加ボタンを押したら、自動的にサーバーリストに移動し、「構築中」になっているのが確認できます。

    5秒くらい待ってからページをリロードすると、こんな感じで起動中に変わるので、これでサーバーの作成は完了です。




サーバーのIPアドレスを確認する


  1. サーバーリストからネームタグをクリックする



  2. ネットワーク情報をクリックして、出てきたIPアドレスをメモしておく



ここでメモしたIPアドレスは、実際にMinecraftを遊ぶときに必要になります。


いろいろインストールしたり、設定したり


コンソールを開く

サーバーにいろいろとインストールしたり設定するためには、コンソールを開く必要があるので、まずその手順を説明します。


  1. サーバーリストからネームタグをクリックする



  2. コンソールボタンを押す



  3. コンソールウィンドウが出てきたら、上部の「コンソール」ボタンを押して、「シリアル」を選択する(VNCのままでも良いですが、個人的にシリアルのが使いやすいので)



  4. こんな画面になったら、黒い部分のどこかを1度クリックしてから、Enterを押す



  5. こんな感じでログイン画面になったら、準備完了




root(管理者でログインする)


  1. 先ほどの黒いログイン画面でrootと入力してEnter



  2. サーバー作成時に設定したrootパスワードを入力してEnter

    文字を入力しても画面には出てきませんが、ちゃんと入力されているので、安心してEnterを押しましょう



  3. こんな感じで表示されたらログイン完了



ここからは、このコンソールにせっせとコマンドを打ち込んでいくだけなので、コマンドのみ記載していきます。


Javaを入れる

以下のURLからJDKをダウンロードします。


http://www.oracle.com/technetwork/java/javase/downloads/jdk8-downloads-2133151.html


規約に同意してから、以下のコマンドを打ち込みます。


コマンド

wget --no-check-certificate --no-cookies --header "Cookie: oraclelicense=accept-securebackup-cookie" "http://download.oracle.com/otn-pub/java/jdk/8u73-b02/jdk-8u73-linux-x64.rpm"


インストールします。


コマンド

rpm -ivh jdk-8u73-linux-x64.rpm


以下のコマンドを打って、See http://www.oracle.com/technetwork/java/javase/documentation/index.html for more details.みたいなメッセージが出てきていたら、インストール完了です。


コマンド

java



screenを入れる

以下のように入力してscreenをインストールする


コマンド

yum -y install screen


Complete!と出てこればOK。


ポート開放



  1. ポートを開放する

    以下のコマンドでMinecraftで必要な25565番ポートを開放します


    コマンド

    firewall-cmd --zone=public --add-port=25565/tcp --permanent
    




  2. 反映する


    コマンド

    firewall-cmd --reload
    




  3. 確認する


    コマンド

    firewall-cmd --list-all
    

    portsの部分に25565/tcpと出てこれば、OKです。




Minecraft用のユーザーを作成する



  1. ユーザーを追加


    コマンド

    useradd minecraft
    




  2. パスワードを設定


    コマンド

    passwd minecraft
    

    確認で2回パスワード入力を求められるので、2回入力します。

    入力されていないように見えるかもしれませんが、ちゃんと入力されているので安心してEnterを押しましょう。




Minecraft用のディレクトリを作る



  1. ディレクトリ作成


    コマンド

    mkdir -p /usr/local/games/minecraft
    




  2. ディレクトリの権限変更


    コマンド

    chown minecraft:minecraft /usr/local/games/minecraft
    




起動スクリプトを用意する



  1. minecraftユーザーになる


    コマンド

    su - minecraft
    




  2. Minecraft用のディレクトリに移動する


    コマンド

    cd /usr/local/games/minecraft
    




  3. Minecraft WIKIから、起動スクリプトをダウンロードする


    コマンド

    wget -O minecraft "http://minecraft.gamepedia.com/Tutorials/Server_startup_script/Script?action=raw"
    




  4. 編集する


    コマンド

    vi minecraft
    

    以下を入力して、Enter


    vimコマンド

    /MCPATH
    

    iを押して編集モードになり、以下のように編集する

    MCPATH='/usr/local/games/minecraft'
    

    Escを押してコマンドモードになり、以下を入力してEnterを押して保存して終了する


    vimコマンド

    :wq
    




  5. 実行権限を与える


    コマンド

    chmod +x minecraft
    




  6. rootに戻る


    コマンド

    exit
    




  7. /etc/init.d/ディレクトリに移動する


    コマンド

    cd /etc/init.d/
    




  8. シンボリックリンクを作成する


    コマンド

    ln -s /usr/local/games/minecraft/minecraft
    



  9. これで、起動スクリプトの準備は完了



Minecraftサーバーを立てる


普通のサーバー



  1. minecraftユーザーになる


    コマンド

    su - minecraft
    




  2. minecraft用のディレクトリに移動する


    コマンド

    cd /usr/local/games/minecraft
    




  3. Minecraftの公式ページから、jarをダウンロードする


    コマンド

    wget https://s3.amazonaws.com/Minecraft.Download/versions/1.9/minecraft_server.1.9.jar
    




  4. ファイルをリネームする


    コマンド

    mv minecraft_server.1.9.jar minecraft_server.jar
    




  5. minecraft_server.jarを実行する


    コマンド

    java -Xmx1024M -Xms1024M -jar minecraft_server.jar nogui
    




  6. eula.txtというファイルが作成されるので、MINECRAFT エンド ユーザー ライセンス条項に同意したら、trueにする

    eula.txtviで開く


    コマンド

    vi eula.txt
    

    以下を入力して、falseをtrueにする


    vimコマンド

    :3s/false/true/
    

    保存する


    vimコマンド

    :wq
    




  7. Minecraftサーバーを起動する


    コマンド

    java -Xmx1024M -Xms1024M -jar minecraft_server.jar nogui
    

    起動できたら、こんな感じでログが出てくるはず

    [00:24:28] [Server thread/INFO]: Preparing spawn area: 93%
    
    [00:24:29] [Server thread/INFO]: Done (10.143s)! For help, type "help" or "?"



  8. ついでにop権限を与えたいアカウントに、ここでop権限与える

    以下のように入力してEnter


    コマンド

    op [アカウント名]
    



  9. Ctrl+Cで一旦サーバーを終了する



  10. rootに戻る


    コマンド

    exit
    




  11. 以下のコマンドでサーバーを起動させる


    コマンド

    service minecraft start
    




  12. サーバーの起動時に自動起動する設定を行う


    コマンド

    chkconfig minecraft on
    



  13. Minecraftのクライアントを起動して、サーバー追加でサーバーアドレスの部分に最初にメモしたIPアドレスを入力します



  14. あとは遊ぶだけ!




Modサーバー(Minecraft Forge)


通常のサーバーを構築済みの場合



  1. サーバーを終了する


    コマンド

    service minecraft stop
    

    minecraft_server.jar is stopped.と出るまで待ちます。




  2. 既存のサーバーのファイル名をリネームする


    コマンド

    mv /usr/local/games/minecraft /usr/local/games/backup_minecraft
    




  3. 新たにminecraftディレクトリを作成する


    コマンド

    mkdir -p /usr/local/games/minecraft
    




  4. 起動スクリプトをコピーする


    コマンド

    cp /usr/local/games/backup_minecraft/minecraft /usr/local/games/minecraft/minecraft
    




  5. ディレクトリとスクリプトの権限を変更する


    コマンド

    chown minecraft:minecraft -R /usr/local/games/minecraft
    




Modサーバー構築手順



  1. minecraftユーザーになる


    コマンド

    sudo su - minecraft
    




  2. Minecraft用のディレクトリに移動する


    コマンド

    cd /usr/local/games/minecraft
    




  3. Minecraft Forgeのサイトから、installerとuniversalをダウンロードする


    コマンド

    wget http://files.minecraftforge.net/maven/net/minecraftforge/forge/1.7.10-10.13.4.1558-1.7.10/forge-1.7.10-10.13.4.1558-1.7.10-installer.jar
    


    コマンド

    wget http://files.minecraftforge.net/maven/net/minecraftforge/forge/1.7.10-10.13.4.1558-1.7.10/forge-1.7.10-10.13.4.1558-1.7.10-universal.jar
    




  4. インストールする


    コマンド

    java -jar ./forge-1.7.10-10.13.4.1558-1.7.10-installer.jar nogui --installServer
    




  5. インストールが完了したら、インストーラを削除する


    コマンド

    rm -rf forge-1.7.10-10.13.4.1558-1.7.10-installer.jar*
    




  6. ファイルをリネームする


    コマンド

    mv forge-1.7.10-10.13.4.1558-1.7.10-universal.jar minecraft_server.jar
    




  7. 実行する


    コマンド

    java -Xmx1024M -Xms1024M -jar minecraft_server.jar
    




  8. 通常のMinecraftサーバーと同じく、eula.txtというファイルができるので、MINECRAFT エンド ユーザー ライセンス条項に同意したら、trueにする

    eula.txtviで開く


    コマンド

    vi eula.txt
    

    以下を入力して、falseをtrueにする


    vimコマンド

    :3s/false/true/
    

    保存する


    vimコマンド

    :wq
    




  9. 起動する


    コマンド

    java -Xmx1024M -Xms1024M -jar minecraft_server.jar
    

    起動できたら、こんな感じでログが出てくるはず

    [00:24:28] [Server thread/INFO]: Preparing spawn area: 93%
    
    [00:24:29] [Server thread/INFO]: Done (10.143s)! For help, type "help" or "?"



  10. ついでにop権限を与えたいアカウントに、ここでop権限与える

    以下のように入力してEnter


    コマンド

    op [アカウント名]
    



  11. Ctrl+Cで一旦サーバーを終了する



  12. rootに戻る


    コマンド

    exit
    




  13. 以下のコマンドでサーバーを起動させる


    コマンド

    service minecraft start
    




  14. サーバーの起動時に自動起動する設定を行う(まだしてない場合)


    コマンド

    chkconfig minecraft on
    



  15. Minecraftのクライアントを起動して、サーバー追加でサーバーアドレスの部分に最初にメモしたIPアドレスを入力します



  16. あとは遊ぶだけ!




サーバーにModを入れたいとき



  1. minecraftユーザーになる(なってない場合)


    コマンド

    su - minecraft
    




  2. modディレクトリに移動する


    コマンド

    cd /usr/local/games/minecraft/mods
    




  3. Modをダウンロードする


    コマンド

    wget "ModのjarとかのURL"
    




覚えておくと便利なコマンド集

コマンド
内容

pwd
現在のディレクトリの位置を表示

ls -l
現在のディレクトリにあるファイル一覧を表示

cd ディレクトリ名

ディレクトリを移動する

mv 変更前のファイル名 変更後のファイル名

ファイル名を変更する

mv 変更前のファイルの場所 変更後のファイルの場所

ファイルを移動する

su アカウント名

アカウント名でログイン

su - アカウント名

アカウント名でログインしてホームディレクトリに移動する

rm ファイル名

ファイルを削除する

rm -rf ディレクトリ名またはファイル名

ファイルまたファイル名を警告を出さずに削除する
(復元できないのでこのコマンドを打つときは注意してね)


参考


CentOS 7 に Java 8 を入れる

http://blog.tanitanin.net/?p=833




ConoHaクラウドでping/ping6が通らない…(解決済

https://linux.yebisu.jp/memo/1025