Edited at

MDM環境でテストできない場合の構成プロファイルによるテスト方法

More than 5 years have passed since last update.


想定状況


クライアントはMDMでiPadのスクリーンショット(電源ボタン+ホームボタン)を制限している


MDMで制限しているがアプリのスクリーンショット機能は動くのか?という質問が来る


アプリのスクリーンショット機能はObjective-Cで実装してある


解決方法


構成プロファイルを自前で用意してテストする


必要なもの


やり方


  • iPhone構成ユーティリティを開きます

  • 構成プロファイルを選択する

  • 「一般(必須)」の項目を入力します


  • 「制限」のタブを選択し、「構成」を押してから「画像の取り込みを許可」のチェックを外します


  • 上記を設定後、構成ユーティリティの左メニューからデバイス一覧にある中からインストールしたい端末(上記の場合iPhone5)を選択します

  • 構成プロファイルのタブを選びます

  • 先ほど作成した構成プロファイルをインストールします

  • 実機で確認画面がでるのでインストールします


これで電源ボタン+ホームボタンを押してもスクリーンショットは動きません!


またiOS6・iOS7でもObjective-Cで実装したスクリーンショット機能は動きました!


参考

アーカイブ - iOS:iPhone 構成ユーティリティを使用した APN 設定の編集方法