Mac
Git
homebrew

MacのHomeBrewでGitを2.7.0にアップデートしよう

More than 3 years have passed since last update.

新年あけましておめでとうございます。

新年入ってさっそくですが、GitHubがお年玉(?)をくれました。

New Year, new Git release

Git2.7.0のリリースです。


はじめに

MacのTerminalアプリでgitを利用しようとすると、XCodeのCommandLineToolsをインストールするよう求められ、その時にインストールされるgitを使う方が多いと思います。

今回、そのような背景を前提に、homebrewのgitに乗り換える記事でもあったりします。

homebrewをインストールしていない人はコマンド1行なので手っ取り早くインストールしちゃいましょう。(2016/1/6現在 HomeBrew から最新のものを確認)

ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"


update

CommandLineToolsでインストールされたgitのバージョンは2.5.4でした。

/usr/bin/git --version

git version 2.5.4 (Apple Git-61)

brewでインストールを行います。

brew update

brew install git


確認

brewでは基本的に/usr/local/binにインストールされたソフトウェアが存在するので、gitコマンドが/usr/local/bin/git を向いているか確認します

# which git

/usr/local/bin/git

# git --version
git version 2.7.0


更新されない場合

PATHの優先度負けしている可能性があるので、一番最初に/usr/local/binを読み込むように修正してあげるとよさそうです。


さいごに

今年も良いgitライフをおくりましょう。