Help us understand the problem. What is going on with this article?

CEATEC JAPAN 2018所感

More than 1 year has passed since last update.

CEATEC JAPAN 2018が、2018/10/16(火)~ 19(金)に幕張メッセで開催されました。
CEATECというと家電見本市の印象がありましたが、ここ数年は情報技術の展示会という立場も強いようです。

今回は、CEATEC JAPAN 2018に行ってきた所感をまとめます。

IoT

初めに「竹中工務店」のブースを訪れました。
竹中工務店で紹介していた「I.SEM」は、AIとIoTの技術を使用し、効率的なエネルギーマネジメントを行うというもので、今年のCEATECのキーワードである「Society 5.0」に最も近いように感じました。
なお、竹中工務店のブースでは、免震構造の効果を実感出来るVRやSpotMiniというロボティクス技術等も紹介されていました。

VR

JTB」や「テクノブレイブ」のブースでは、VR技術を用いて旅行や観光地を疑似的に訪れる体験を提供してました。(「JTB、VRで旅行先を事前体験するサービスの実証実験開始」)
これにより、旅行に行く前に訪問先のイメージを膨らませることが出来るほか、身体が不自由な方も旅行気分を味わうことが可能です。

なお、先ほどの「竹中工務店」や、「JTB」「テクノブレイブ」で展示されていたVR技術が、CEATECで展示されていた技術群で一番実用化されていると実感しました。

セキュリティ

セキュリティというと幅が広いですが、「イオンフィナンシャルサービス」のブースで出されていた静脈センサーを紹介します。
生体認証技術を活用したカードレス決済の実証実験開始について」に書かれているように、富士通との共同開発によるものですが、すでに実用化もされているようです。

ここで、富士通との共同開発という点に触れましたが、CEATECでは実際に展示しているユーザ企業の裏側に大手ITベンダーが関わっているケースが多く見られました。

ブロックチェーン

「みずほ銀行」のブースでは、「日立とみずほ、ブロックチェーンでサプライチェーンを管理する実証実験」が紹介されていました。ブロックチェーンについては、勉強不足であり実例をあまり知らなかったのですが、金融以外への応用も進んでいるようです。
サプライチェーン上の各担当(生産者、仲卸、等…)がそれぞれ「ノード」となり取引履歴を共有することで、効率的にトレーサビリティを高めることが期待されます。
こう考えると、ブロックチェーンは、中央集権を地方分権するような場面で応用が利きそうなので、IoTと相性が良いように感じました。
(中央サーバに処理を集めず、センサー機器間での照合を行うなど)

ちなみに、「オプティム」のブースでは、マイクロソフトの方が「マイクロソフトが考えるAI活用のロードマップ」というセミナーを行っており、その中で、「IoTでは、各エッジ端末(センサー機器と考えてください。)が、リアルタイムでデータを送信すると回線が耐えられないため、夜間バッチでデータを送るなどの工夫が必要」ということを言っていました。

IoTを行う上で、センサー機器は単にタイムリーにデータを送るのではなく、用途や制約を考えて設計を行う必要があるみたいです。

AI

AIというと、「文章認識」「画像認識」「深層学習」など、さまざまな分野が含まれますが、今回は「ファナック」のブースで展示されていた深層学習を用いた金属型の切り出しマシンについて紹介します。
マシンに金属型の切り出し方法に該当する教師データ(円や特定の形)を与え、マシンが何度も何度も切り出しては軌道を確認して教師データと同等の型を切り出すというものです。
実演されていた機械では、徐々に教師データに近づいていく様子を見て取ることが出来、関心しましたが、実際には極小の誤差しか許されておらず実用化は遠いそうです。

まとめ

ここまでで説明したように「IoT」「VR」「ブロックチェーン」「AI」など、様々な新技術が展示されていました。中には、実用化には時間がかかりそうなものもありましたが、先進的な技術に触れられとても楽しめました。

以下に、まとめとして各技術の実用化度合いと所感をまとめます。

実用化度 所感
IoT 技術は発達しているが、ビジネスにどう生かせば良いかが定まっていない。(IoTを紹介している担当者も、「使い道がわからない状態が3~4年続いている。」と言っていた。)
VR 作業の効率化や、売り上げ向上のためのツールなど様々な場面で実用されている。
ブロックチェーン × まだまだ研究段階という印象
AI 「文章認識」や「画像認識」は実用化が進んでいる印象。「深層学習」はまだまだ進歩の余地あり。

追記

筆者は、Japan IT Week(詳細は「Japan IT Week 所感」を参照)にも訪れましたが、CEATECの方が先進的であり楽しむことが出来ました。

とは言え、Japan IT Weekも実用的な技術を見ることが出来る良い機会でした。興味のある方は、是非「Japan IT Week 所感」も読んでみてください。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした